町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢検準2級程度の問題。「ポカポカ陽気で思わず午睡」の午睡はなんと読むの?

<<   作成日時 : 2008/04/10 06:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:漢検準2級程度の読み問題です。次の熟語はなんと読むのでしょうか?
[い]「ポカポカ陽気で思わず午睡」の午睡
[ろ]「あの作品を生み出した窯元」の窯元
[は]「漆黒の毛のダックスフンド」の漆黒
[に]「あの陶芸家に私淑する」の私淑
[ほ]「化石を求めて山野を渉猟した」の渉猟
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照
説明:●[い]「ポカポカ陽気で思わず午睡」の午睡はごすいと読む
ご存じのとおり午睡は昼寝という意味です。
○「午」という漢字は「ご」の他に「うま」とも読みます。「牛」と「午」の違いはごくわずかですね。
○「午」は象形文字で、杵(きね)の形の道具とのこと。これを使って「呪いをかけ、敵にさからい守った」とのこと。で、「午」という漢字には「さからう」という意味があったらしい。でも、現在の日本では、「さからう」という意味では使わないようです。
○「午前/午後」は、午(うま)の刻、すなわち正午の前と後を示しているそうです。午睡はどちらかといえば午後、それも昼食を終えたすぐ後ですね。午後イチの会議は眠くなります。午後イチの講演は居眠りしている人が多い。いっそみんなでシェスタをとり、仕事は3時からということにしてはどうかと思うのですが。ラテン系の文化じゃないし、無理かな。
●[ろ]「あの作品を生み出した窯元」の窯元はかまもとと読む
窯元は「陶磁器を窯で焼いて作り出す所。また、その陶磁器を作る人」という意味だそうです。メキシコ五輪で得点王に輝いたサッカー選手ではありません。
●[は]「漆黒の毛のダックスフンド」の漆黒はしっこくと読む
漆黒は文字通り「漆の黒に似た深い黒」です。昔の日本人は漆黒の髪の毛を上品として珍重しました。ところが呼びかたとしては「緑の黒髪」とも言います。不思議ですね。辞書によれば「黒くつややかな色」をも「緑」と表現するとのこと。
●[に]「あの陶芸家に私淑する」の私淑はししゅくと読む
私淑とは「ひそかにその人を師と考えて尊敬し、模範として学ぶこと」だそうです。私淑されるほうではもちろん弟子とは思っていません。片思いの一種と考えていいのかな。
●[ほ]「化石を求めて山野を渉猟した」の渉猟はしょうりょうと読む
渉猟とは「広くあちこち歩きまわって、さがし求めること」だそうです。夜の銀座・赤坂・六本木で渉猟するといえば、蝶の採集かな。ときどきは毒蛾が網に入っていることもあるようですが。
◆参考:書籍「2008年度版 漢字検定 問題と解説 準2級」新星出版社
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林
◇辞書「字通」白川静、平凡社

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
漢検準2級程度の問題。「ポカポカ陽気で思わず午睡」の午睡はなんと読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる