信長の家臣にアフリカ系の人がいたってホント?

画像
★歴史★
問題:西暦1581年の今日、3月27日。旧暦では天正9年2月23日。イエズス会の巡察使ヴァリニャーニという人物が織田信長に謁見しました。このとき、ヤスケ(彌助)という人物も一緒に信長に会っています。
●ヤスケは、アフリカ系の人だったと言われます。ヴァリニャーニたちは、奴隷として彼を連れ回していたらしい。信長は、彼を譲り受けたと言われます。
●では、暑い国からやってきた信長の家来についての雑学クイズです。次のうちで正しい記述はどれでしょうか?
[い]信長はヤスケの肌が黒いことが不思議で、家来たちに彼の身体を洗わせた
[ろ]ヤスケはモザンビークの王子だったという説がある
[は]年齢は26~27歳。身長が2mを越えていた
[に]本能寺の変では大奮闘したが、陥落直前に脱出するように命じられた
[ほ]信長没後は秀吉に仕えた
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[い]と[ろ]、[に]が正しい
説明:●[い]信長はヤスケの肌が黒いことが不思議で、家来たちに彼の身体を洗わせた(○)
信長に会ったのが3月末とすれば、まだ暖かい季節ではありませんよね。信長は行水用の盥(たらい)を庭に据えさせ、ヤスケを水で洗わせたそうです。それで初めて黒い肌の人がいると理解したらしい。信長は実証精神のある人物だったようです。で、ヴァリニャーニに献上させ、そのまま信長直属の家臣になったらしい。
●[ろ]ヤスケはモザンビークの王子だったという説がある(○)
Wikipediaによれば、モザンビークあたりの出身と言われているそうです。しかも、王子説もあるらしい。はるかアジアの東のはてまで来るとは、いわゆる「数奇な運命に玩ばれた」というやつでしょうか。
●[は]年齢は26~27歳。身長が2mを越えていた(×)
正しくは、「…身長が1m90cm近くあった」だそうです。昔の言い方に従えば6尺2分(約187.9cm)とのこと。つまり、ムルアカ氏(209cm)よりもボビー・オロゴン氏(185cm?)に近かったようです。ちなみに、信長の身長は160cm台だったという見方が有力らしい。
○余談です。江戸時代の男性の平均は157cm前後という推定があります。でも、戦国時代は、動物性蛋白も多めに摂取していた可能性があります。豊臣秀頼は197cmあったというお話も残されているようです。秀吉は152cmほどです。「秀頼は秀吉のDNAを受け継いでいないのでは」という説の根拠のひとつになっているようです*2。
●[に]本能寺の変では大奮闘したが、陥落直前に脱出するように命じられた(○)
奴隷だったヤスケは信長により武士の身分を与えられたとのこと。「彌助」という命名も信長によるものだそうです。ヤスケは信長の扱いに感謝し、忠実に仕えたと言われます。本能寺の変でも大車輪の活躍を見せます。でも、敗戦を悟り覚悟を決めた信長は、彌助に脱出を命じたそうです。すぐに信長の嫡男である織田信忠(おだのぶただ)の二条御所に駆けつけ、ここでも明智軍と戦います。最後には捕えられたとのこと。
●[ほ]信長没後は秀吉に仕えた(×)
正しくは「明智光秀により放逐された」だそうです。光秀はヤスケを「人間ではない」として殺さなかったらしい。「インドの伴天連(ばてれん)のもとに送れと命じ、放逐された」そうです*1。強制送還なら管理下に置くはずですよね。「放逐(=追放)」という言葉とちょっと矛盾するような気もしますけど。
○光秀没後は徳川家康に雇われ、ポルトガル語・オランダ語の通詞として重宝がられた…というのは嘘です。ホントはその後の消息はよくわかっていないらしい。
◆参考*1:HP「ヤスケ – Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%B9%E3%82%B1
◇*2:HP「日本代表「秀頼」と中国代表「安禄山」ではどちらがデブ?」
http://blog.q-q.jp/200706/article_33.html
◇HP「#探偵ファイル/探偵魂」(口絵の参考にさせて頂きました)
http://43.253.19.226/tamashii/scoop_2006/05/11_01/

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年03月31日 20:49
面白い話でした。
ジョン・万次郎が米国人に愛された話を思い出しますね。
因みにクイズは全滅でした(^^;)
goda 様<素町人
2008年04月01日 15:29
コメントをありがとうございます。

 HP拝見しました。英語に達者なかたはうらやましい限りです。
 小生は英語が苦手ですが、よせばいいのに英語の訓練にときどき挑戦します。
 今は、ABCニュースシャワーというのを録画して聴いています。ほとんど聴き取れません。でも、英文和文のテキストを見たあとで、もういちどニュースを聴くと、理解したような気分になれます。それが唯一の楽しみです。
(^^;)
2008年04月05日 02:54
私はど素人です(^^;)
翻訳ソフトを使い、それを修正しているんですよ。
辞書を引いていたんでは時間が掛かりすぎて嫌に成りますから。

1年目の目標は、横文字を見る習慣を作る事で、取り敢えずは達成ですが、
翻訳ソフトを使ってるせいか単語を殆んど覚えていません(大笑)

2年目はどういう方針で行くか考慮中ですが、当面は文語体で会話はしばらく手を出さない事にしています。
「お勉強」にはせず、効率は悪くとも、気が向くままに、兎に角続ける事ですね。

継続は力成り ←本当か?(笑)
goda様<素町人
2008年04月06日 12:44
コメントをありがとうございます。

 誤解しましてすみません。
m(_ _)m
 でも、立派ですね。
 ゆっくり一歩ずつ進もうという姿勢は、きっと成功への近道でしょう。

 ある青年は、運動部で練習に明け暮れ、勉強はあまりしなかったようです。でも1日15分ぐらいのNHKラジオの英会話だけは欠かさずに中学高校と6年間聴いたそうです。受験前には英語の成績だけは抜群で、結局それを武器に有名私大に入ってしまいました。
 たった15分でも継続すれば大きな力になるようです。
(^^;)

この記事へのトラックバック