敵討ちが禁止された日。大昔から奨励されてきた行為なの?

画像
★歴史★
問題:明治6 (1873)年の今日、2月7日。明治政府の司法省は「敵討禁止令」を発布しました。ときの司法卿は江藤新平(えとうしんぺい)。征韓論で下野し、佐賀の乱に敗れて晒し首にされたオジサンです。
●禁止令以前は、仇討ちは一定の約束のもと、許されていました。江戸時代には、赤穂浪士の討ち入りや荒木又右衛門(あらきまたえもん)が助っ人になった鍵屋の辻(かぎやのつじ)の決闘など、さまざまな仇討ちが行なわれました。
●では、仇討ちの禁止令が出た日を記念し、日本風の復讐に関する雑学クイズです。次のうちで正しい記述はどれでしょうか?
[い]武士の勃興とともに敵討ちの頻度が高まり、鎌倉時代から長きにわたって武士道精神のあらわれとして奨励されてきた
[ろ]日本の三大仇討ちとは、赤穂浪士の討ち入り、鍵屋の辻の決闘、浄瑠璃坂の決闘を指す
[は]「兄の敵」はありうるが、「弟の敵」は原則としてはありえない
[に]江戸時代でも敵討ちが禁じられた「敵討ち禁止特区」があった
[ほ]敵討ちは原則として女性には認められない
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[は]と[に]が正しい
説明:●[い]武士の勃興とともに敵討ちの頻度が高まり、鎌倉時代から長きにわたって武士道精神のあらわれとして奨励されてきた(×)
正しくは、「江戸時代に入って初めて法制化された」だそうです。鎌倉時代に制定された「御成敗式目(ごせいばいしきもく、別名貞永式目、貞永元(1232))年」では、敵討ちは禁止されていたとのこと*1。
○実際、建久4(1193)年に起きた曾我兄弟の敵討ちでは、事後に捕えられた弟曾我:五郎時致(そがごろうときむね)は斬首されています。ちなみに兄曾我十郎祐成(そがじゅうろうすきなり)は仁田忠常(にったただつね)という武士に現場で斬り殺されています*2。
●[ろ]日本の三大仇討ちとは、赤穂浪士の討ち入り、鍵屋の辻の決闘、浄瑠璃坂の決闘を指す(×)
正しくは、「赤穂浪士、鍵屋の辻、曾我兄弟を指す」だそうです。鍵屋の辻の決闘は寛永11(1634)年に起きています。豪傑荒木又右衛門が助っ人に加わったことで知られる事件です。殿様の男色相手の美少年が、横恋慕してきた男を拒絶したところ、殺されてしまいます。激怒した殿様の命を受け、兄が敵討ちに赴くというお話です*3*4。寛文12(1672)年に起きた浄瑠璃坂(じょうるりざか)の仇討では、家老の息子が父の仇として、父親の同僚だった元家老の首を取っています*5。複数の武士による屋敷内への討ち入りです。30年ほどあとに起こる赤穂浪士たちの模範実例になったのではないかとも言われています。
●[は]「兄の敵」はありうるが、「弟の敵」は原則としてはありえない(○)
討ち入りにはいくつか約束事があるようです。きっかけとなる被害者は、仇を討つ当事者よりも尊属(目上の血縁)の者でなければならないそうです。つまり兄・父・祖父の仇はありえます。でも、弟・妹・子・孫・甥・姪などの仇はありえないらしい*6。落語「宿屋仇」では、弟と細君の仇ということになっています。あれは本来はありえないのかな。主人についても「血縁でないからダメ」という説があるらしい。それじゃ赤穂浪士の敵討ちは成り立ちませんよね。だから大石内蔵助たちは切腹だったのかな。
○鍵屋の辻の決闘では、兄は弟の敵を討っています。これは、主君の命を受けているという例外的な事例らしい。あるいは主君の愛人であり、かつ当事者の血縁がきっかけの被害者ですから、尊属と考えられるのかな。屁理屈か。
●[に]江戸時代でも敵討ちが禁じられた「敵討ち禁止特区」があった(○)
江戸城内とか、上野寛永寺、芝増上寺、京都御所の築地の内側など、いくつかの場所では敵討ちをしてはいけないそうです*7。ちなみに敵討ちはあくまでも決闘です。いくら相手が悪い奴でも、フェアな戦いが要求されるとのこと。さすが武士道です。どっかの野蛮国のチンケな王族どもには理解不能でしょうね。
●[ほ]敵討ちは原則として女性には認められない(×)
敵討ちは女性でも問題ないようです。実際、武士の娘が敵討ちに成功し、大きな話題を呼んだ例もあるようです*8。
◆参考*1:HP「敵討 – Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%B5%E8%A8%8E
◇*2HP「曾我兄弟の仇討ち – Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%BE%E6%88%91%E5%85%84%E5%BC%9F%E3%81%AE%E4%BB%87%E8%A8%8E%E3%81%A1
◇*3HP「鍵屋の辻の決闘 – Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8D%B5%E5%B1%8B%E3%81%AE%E8%BE%BB%E3%81%AE%E6%B1%BA%E9%97%98
◇*4「「日本三大仇討ち」と呼ばれるのは?」
http://blog.q-q.jp/200608/article_44.html
◇*5HP「浄瑠璃坂の敵討」
http://www.geocities.jp/kyoketu/6941.html
◇*6HP「江戸と座敷鷹 敵討の作法1」
http://www.0105.jp/~mizuki/katakiuchi.html
◇*7HP「江戸と座敷鷹 敵討の作法2」
http://www.0105.jp/~mizuki/katakiuchi2.html
◇*8HP「落語にも登場する岩淵伝内。どんな悪役だった?」
http://blog.q-q.jp/200703/article_72.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

sadakun_d
2016年02月12日 18:07
日本三大"仇討ち"の忠臣蔵が仇討ち認定試験の合格(笑)

高齢者(1)vs赤穂浪士(47)

多勢に無勢の不均衡なことは、是非とも考慮させてもらいたいな!(吉良の殿様が哀れ

sadakun_d様<素町人
2016年02月14日 10:12
コメントをありがとうございます。

 吉良上野介が高齢者だったのは事実でしょうけれど、権力者だったのもまたたしかかと思われます。
 吉良邸には百人近い男性がいたらしい。でも実際に討ち入りに抵抗したのは40人に足らなかった。Wikipediaの赤穂事件の項にはそのように記されています。上杉家にも手勢はいたようですが、援軍はこなかったようです。なぜなのでしょうか。
 1人の老人を壮年の者たちが寄ってたかって殺したという構図ではないような気がするのですが。
(^^;)

この記事へのトラックバック

  • 記録に残るいちばん古い仇討ちはいつごろのこと?

    Excerpt: ●●●●●★歴史★● 問題:仇討ちは、なかなか劇的であり、人々の心に残りやすい行為です。勧善懲悪ではない場合もあるのでしょうけれど、われら野次馬の精神の浄化には役立ちそうです。すっきりしますね。 .. Weblog: 町人思案橋・クイズ集 racked: 2016-02-10 08:17