町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 年齢の呼びかたの問題です。「耳順(じじゅん)」って何歳のこと?

<<   作成日時 : 2008/02/05 06:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:節目となる年齢には、独特の呼び名のある場合があります。たとえば不惑(ふわく)。40歳のことらしい。論語の文章に「40歳にして惑わず」とかいうのがあり、それに由来すると言われます。その他にも88歳を米寿と呼んだり、99歳を白寿と呼んだりもします。
●では、次の呼びかたをする年齢はそれぞれいくつでしょうか?
[い]耳順(じじゅん)
[ろ]知命(ちめい)
[は]而立(じりつ)
[に]傘寿(さんじゅ)
[ほ]喜寿(きじゅ)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項を参照
説明:●[い]耳順は60歳を示す
論語の為政篇(いせいへん)という部分には次のように書かれているそうです。
---子曰、「吾十有五而志于学、三十而立。
---四十而不惑、五十而知天命。
---六十而耳順、七十而従心所欲不踰矩。」
そう言えば、こんなの学校で習いました。すっかり忘れましたけれど。ここから年齢を示すいくつかの言葉が生まれたようです。で、耳順は60歳のことらしい。「六十而耳順(六十にしてみみしたがう)」は「「60歳になって人の言葉を素直に(逆らわないで)聞けるようになった」という意味だそうです。
●[ろ]知命は50歳を示す
「(ワレ)50歳にして天命を知る」と孔子は言っています。でも、孔子は当時としてはとても長生き。73まで生きたらしい。他のかたの参考にはなりません。
○平均寿命の短い昔では、50歳で天命を知っていたら手遅れです。たとえば織田信長は47歳で亡くなっています。狩野永徳や徳川家光は48歳、上杉謙信、淀君、真田幸村は49歳で、夏目漱石や加藤清正は50歳で亡くなっています。みんな天命を知るか知らないうちに天に召されました。でも、それにしてはいろいろなし遂げたこともあったようです。
●[は]而立は30歳を示す
そう言えば中学のころ、「30にして立つ」はあまりに遅い成長であり、性徴であるという意見がありました。
●[に]傘寿は80歳を示す
傘という漢字の略字は「上に八、下に十」と書く漢字だそうです。で、80歳を傘寿と呼ぶらしい。
●[ほ]喜寿は77歳示す
「喜」という漢字の草書体が「七十七」に見えるそうです(口絵を参照)。そこから77歳を喜寿と呼んでいます。
◆参考:辞書「字源」簡野道明、角川書店
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
年齢の呼びかたの問題です。「耳順(じじゅん)」って何歳のこと? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる