広島放火殺人事件は死刑求刑なのに無罪。そんなことはよくあるの?

画像
★社会★
問題:「広島の母娘保険金殺人、死刑求刑の被告に無罪判決」YAHOO! NEWS←読売新聞071128
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071128-00000203-yom-soci
「被告は表情変えず 広島の放火殺人無罪判決」(MSN産経ニュース 071128)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/071128/trl0711281401005-n1.htm
●日本の刑事事件の裁判では99.99%が有罪になるらしい*5。それだけ検察は証拠を固め、言い逃れができないようにして起訴するものだと思っていました。無罪になる確率は、文字通り「万が一」です。
●昨日、広島地裁で死刑を求刑された人物が無罪判決を得るという珍事が起こりました。事件は平成13(2001)年1月に広島市西区で起きた放火殺人事件です。保険金目的で母親を殺害して放火、2人の娘を焼死させたとして、元会社員37歳の男性が殺人・現住建造物等放火などの罪に問われました。
●昨日、判決を言い渡したのち、裁判長は次のように被告に言ったそうです。「裁判所はあなたがシロではない、灰色かもしれないと思いながら、クロと断定することはできませんでした」。さらに、「冤罪(えんざい)を防ぐために、『疑わしきは被告人の利益に』という刑事裁判の鉄則を厳格に適用しました」。無罪と無実は違うぞ、と言っているようにも聞こえます。あるいは暗に検察側の失態を非難しているのかな。
●37歳男性は、平成18(2006)年6月に児童扶養手当詐欺事件で逮捕されたそうです。このとき、放火殺人の件もいったんは白状したらしい。でも公判では一転して否認し、昨日の無罪判決に至ったようです。
●記事によれば、ここ30年ほどの裁判で、死刑が求刑された事件で1審無罪となった事例はかなり少ないらしい。どのぐらいあったのでしょうか?
[い]今回が初めて
[ろ]今回を除いて1件だけ
[は]今回を除いて2件だけ
[に]今回を除いて4件だけ
[ほ]今回を除いて8件だけ
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★社会★
正解:[は]今回を除いて2件だけ
説明:古新聞を調べてみました。おそらくこれかなという事件がありましたので、挙げてみましょう。
●1件は、平成元(1989)年1月に佐賀県武雄市で女性3人の遺体が見つかった連続殺人事件です。被害者は料理店従業員の当時48歳の女性、50歳の主婦、縫製会社従業員の37歳の女性でした。
●県警は同一犯による殺人と見たようです。公訴時効成立の1ヶ月前である平成14(2002)年6月に容疑者を逮捕したそうです。
●平成17(2005)年5月10日、佐賀地裁で開かれた判決公判で、裁判長は「犯人と認めるには合理的疑いが残り、積極的に推認する証拠・事実も存在しない」として被告の無罪を言い渡しました。検察は遺留物のミトコンドリアDNAの鑑定結果などを付け加えて控訴しました。でも2審でも敗訴しました。上告は断念し、無罪が確定した模様です*1*2。
●ちなみにミトコンドリアDNAは、核DNAと同様に細胞の一部分であり、遺伝情報を持っています。ただし、両者の証拠能力には違いがあるようです。ミトコンドリアDNAは共通のパターンを持つ人が複数いるそうです。これに対し、核DNAは個々人によって異なり、唯一無二と言われます。
●ミトコンドリアDNAは、一般には、「同一ではない」ことの証明によく使われるそうです。たとえば製品に混入した毛髪によってクレームを受けた場合、自社の担当者の無実を証明するためにミトコンドリアDNAの鑑定が使われるそうです。でも複数の人が同じ型を持つのですから、「同一である」ことの証明には使いにくい。犯人や被害者の特定に使うのは難しいようです*4。検察がそれを知らないはずはないのですが。
●さて、もう1件は、平成12(2000)年7月に富山県高岡市内で起きた暴力団組長夫婦射殺事件の裁判です。実行犯が2人いて、彼らは死刑判決を受けています。実行犯の1人の自白により、犯行の指示者として55歳の男性も起訴され、死刑を求刑されました。この男性は組の幹部だったようです。権力争いであり、下克上の暗殺事件だったというのが検察側の主張らしい。平成18(2006)年11月21日の富山地裁での判決は「被告人が(実行犯らと)共謀し、犯行を実行させたと認定するには合理的な疑いが残る」というものでした*3。
●昨日、広島地裁で言い渡された無罪判決は、10年に1度という珍プレイだったようです。そういえば、ワイドショーを騒がせた香川県坂出市の事件も1審で死刑が求刑されるでしょうね。いわゆる「犯人しか知りえない秘密の暴露」があるようです。有罪は間違いなさそうです。でも、万が一ということもありえます。検察の担当者諸兄におかれましては抜かりのないよう慎重に作業を進めていただきたいものです。
◆参考*1:新聞「佐賀3女性殺害 「証拠皆無」2審も無罪 「強引に自白獲得」/福岡高裁判決」読売新聞070320東京朝刊39頁
◇*2新聞「3女性殺害事件 元トラック運転手に無罪判決 死刑求刑退ける/佐賀地裁」読売新聞050511東京朝刊01頁
◇*3新聞「組長夫婦射殺 元副組長、死刑求刑に無罪判決 地裁「共謀認定には疑い」=富山」読売新聞061122東京朝刊35頁
◇*4HP「DNA鑑定・保存の日本ジェノミクス」
http://www.japangenomics.co.jp/service/mtdna2.htm
◇*5書籍「平成18年版 犯罪白書…2-3-1-1表 全事件裁判確定人員」初版55頁、法務総合研究所
◇HP「7月30日 706便裁判判決」(口絵の参考にさせて頂きました)
http://www.jalcrew.jp/jca/706saiban/706muzai.htm

ぬけられます→世間雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック