人間の精子を観察した最初の人物はだれ?

画像
★科学★
問題:世界で初めて人間の精子を観察したのはどこの国の人だったでしょうか?
[い]日本
[ろ]イギリス
[は]アメリカ
[に]ドイツ
[ほ]オランダ
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:[ほ]オランダ
説明:レーヴェンフックという人物だそうです。微生物の発見者として知られています。寛永9年(1632)に生まれ、享保8年(1723)に亡くなっています。当時としてはかなりの長生き爺さんですね。
●彼は直径が数mm以下という小さなガラス玉を使って自作の虫眼鏡を作ったそうです。当初はそれを使っていたらしい。当時すでに複数のレンズで構成された顕微鏡も存在しました。でも性能は低かったようです。彼の自作虫眼鏡のほうが性能が良かったらしい。
●最初は生物の観察を楽しんでいたようです。アマチュア生物学者です。延宝元 (1673)年に、彼の研究に興味を持ったオランダの若い医師がロンドンの王認学会に観察記録を紹介したところ、好評を得ます。刺激を受けて自身でも観察記録を手紙で出すようになります。でも教育を受けていないので、英語ではなくオランダ語で書いたらしい。学会側に理解者がいて、翻訳してくれたのかな。
●延宝2年(1674)には、赤血球の観察記録を提出し、その直径を0.0085mmと推定しました。その2年後には、湖水中の微生物の観察記録を手紙で知らせます。
●延宝5年(1677)には、男性の精液の中に生きた精子を発見し報告しています。人間の精子は、μm(マイクロメートル)で測るようなサイズだそうです。μmは1000分の1mmです。手製の虫眼鏡や原始的な光学顕微鏡での発見は驚きです。この発見のため、レーヴェンフック氏は体力を消耗して腎虚(じんきょ)となられたそうです。嘘です。
●これらの業績により、延宝8年(1680)には王認学会の会員として迎えられたそうです。
◆参考*1:書籍「科学者伝記小事典」初版44~46頁、板倉聖宣著、仮説社
◇HP「精子大好きアクロ君らの部屋(神戸大楠研トップ)」(口絵の参考にさせて頂きました)
http://www2.kobe-u.ac.jp/~kusunoki/

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック