町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 「うそぶく」とはホラを吹くことなの?

<<   作成日時 : 2007/11/15 07:09   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:「うそ」にまつわる言葉についてのクイズです。次のうちで正しい記述はどれでしょうか?
[い]「うそぶく」とは「ホラを吹く」ことである
[ろ]「うそも三日は嬉しい」とはお世辞の効用についての言葉である
[は]「うそかえ」は昨年の凶事を嘘にしてしまう結構な風習である
[に]「うそじ」は心にもない言葉を手紙にすることである
[ほ]「うそものさみし」は、「嘘をつくと最後には淋しい目にあう」という意味である
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:[い]と[ろ]、[は]が正しい
説明:●[い]「うそぶく」とは「ホラを吹く」ことである(○)
「うそぶく」は漢字では「嘯く」と書きます。「空吹く」という表記もあるようです。口をすぼめて息を吐くことだそうです。口笛もその一種らしい。狂言の面に「うそぶき」というのがあります。ひょっとこのように、口をすぼめて突き出しています。
○転じて「とぼけて知らないふりをする」とか、「偉そうに大きなことを言う」、「猛獣が吠えたり鳥が鳴き声をあげる」、「詩歌を小声で吟じる」という意味もあるそうです。2番目の意味は「ホラを吹く」と意味がたいへん近い。ほぼ正解です。
●[ろ]「うそも三日は嬉しい」とはお世辞の効用についての言葉である(○)
すぐに嘘とわかるお世辞でも、少しは嬉しいという意味だそうです。年配の人には「いつまでもお若い」。美男美女には「賢い」。そうでない男女には「個性が輝いている」。定番の嘘でも、言われれば3日は嬉しいわけですね。嘘は無料です。お互いにどんどんついて幸せになりましょう。
●[は]「うそかえ」は昨年の凶事を嘘にしてしまう結構な風習である(○)
東京では亀戸天神のうそかえが知られています。福岡では太宰府天満宮のうそかえが有名らしい。参詣人が木製の鷽(うそ、鳥の一種)を替えあう神事だそうです。前年の凶をうそにして今年の吉にとりかえるという意味があるらしい。太宰府のは1月7日、亀戸天神のは1月25日ごろ行なわれるとのこと。面白い習わしですね。
●[に]「うそじ」は心にもない言葉を手紙にすることである(×)
正しくは「字画を誤ったり、誤用したりした字」だそうです。パソコンやかな漢字変換装置のおかげで、誤字脱字はあっても漢字の書き方を間違えることはなくなりました。ワードを使っているから誤字脱字が減ったという人もいます。なるほど。「自動文章構成機能」をONにしているんですね。失礼、「構成」は「校正」の「うそじ」でした。
●[ほ]「うそものさみし」は、「嘘をつくと最後には淋しい目にあう」という意味である(×)
正しくは「少しものさびしいという意味である」です。この「うそ」は漢字では「薄」です。「うすものさみしい」が「うそものさみしい」に変化しただけのようです。
◆参考:辞書「日本国語大辞典」小学館
◇HP「狂言面 空吹(うそぶき)」(口絵の参考にさせて頂きました)
http://homepage3.nifty.com/sakashitakikai/page026.html

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「うそぶく」とはホラを吹くことなの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる