漢検準一級問題。「華飾の典をあげる」は間違いなの?

画像
★日本語★
問題:●けっこう難しい漢検準一級相当の誤字探し問題です。次の文のうちで、誤った漢字表記の文はどれでしょうか?
[い]近所の神社で華飾の典を挙げた
[ろ]近所の神社には駒犬が鎮座している
[は]餐然と輝く純金製の風呂桶につかる
[に]干漑用水の補修工事を行なう
[ほ]揮然たる態度で処罰する
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:すべての文に誤字がある
説明:●[い]近所の神社で華飾の典を挙げたは「華燭」が正しい
「華燭」の「燭(しょく)」は「蝋燭(ろうそく)」という熟語にも使われています。「ともしび、てらす」といった読みがあります。「華燭」は「美しい燭火」で結婚式に用いられるものだそうです。ひょっとしてキャンドルサービスのことかな。違うな。
○余談です。「燭」という漢字が作る熟語は、ほとんどが光や火に関係しています。唯一の例外は「燭営(しょくえい)」という言葉です。漢和辞書「字通」によれば、「肛門」を意味するとのこと。痔の治療には蝋燭で照らしてじっくり診ることが必要だからでしょうか。
●[ろ]近所の神社には駒犬が鎮座しているは「狛犬」が正しい
「狛犬」はたいてい「阿吽(あうん)」の口元をしているらしい。稲荷神社には狐がいて八幡神社には狛犬がいると聞きます。お寺さんにも狛犬がいて、奈良の薬師寺鎮守八幡宮の木像は重要文化財になっているとのこと。神仏習合なのかな。
●[は]餐然と輝く純金製の風呂桶につかるは「燦然」が正しい
「燦」という漢字は、「あきらか、かがやく」という読みであり、「きらびやか」という意味もあるとのこと。「さんさんと輝く」の「さんさん」は「燦燦」だそうです。「愛燦々」という歌がありましたね。「餐」という漢字は、「くらう、たべもの」といった読みがあり、別に「肉を添えた食事」という意味もあるらしい。すきやや吉野屋の牛丼も晩餐と呼べるのかな。
●[に]干漑用水の補修工事を行なうは「灌漑」が正しい
「灌漑」、あるいは「潅漑」が正しいようです。「灌」という漢字は「そそぐ、ひたす」という意味があります。「灌腸(かんちょう)」という熟語を作ります。いまは「浣腸」のほうがよく使われるようですけど。「燭営に灌腸する」わけかな。なお、「潅」は「灌」の異体字だそうです。
●[ほ]揮然たる態度で処罰するは「毅然」が正しい
「揮」は「ふるう」と訓読みするらしい。「指図する、動かす、手を振る」といった意味があります。「毅」という漢字は、「つよい、たけし」といった読みがあるとのこと。「剛毅(ごうき、強い)」という熟語もよく使われますね。
◆参考*1:書籍「本試験型 漢字検定 準1級試験問題集 ’08年版」成美堂出版
◇辞書「字源」簡野道明、角川書店
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック