町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 年配の人がよく使う「時分時(じぶんどき)」という言葉はどんな意味?

<<   作成日時 : 2007/10/29 07:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:どちらかと言えば年配のかたがよく使う言葉です。「時分時」(じぶんどき)という言葉があります。どんな時間を指すのでしょうか?
[い]夜昼にかかわらず「ちょうど適切な時」の意味
[ろ]食事の時間の意味
[は]昼と夜の境目、すなわち「朝」あるいは「夕方」
[に](何かをしようと)あらかじめ予定していた時間
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:[い]夜昼にかかわらず「ちょうど適切な時」と[ろ]食事の時間の意味
説明:●辞書には「その物事にふさわしい時刻。特に、毎日の定まった、食事の時刻。めしどき」と書かれていました。個人の経験で申し上げれば、「めしどき」以外の使われかたを聞いたことがありません。「時分時だな。腹はそんなに減っていないけど、ちょいと蕎麦でもたぐって行くか」なんて使います。
●末尾に「時」のつく言葉はたくさんあります。「書き入れ時(かきいれどき)」もそうですし、「潮時(しおどき)」、「木の芽時(きのめどき、樹々が新芽を吹くころ)」もそうですね。「片時片時」というのもそのひとつ。「かたときへんじ」と読みます。「かたとき」を強めて言う言葉だそうです。「ほんのしばらくの間」という意味らしい。「あなたのことは片時片時も忘れたことがありません」なんて使うらしい。
●余談です。「時分時」でつい思い出してしまう言葉は、「京のお茶漬け(おちゃづけあるいはぶぶづけ)」です。単なる愛想で食事に誘うことですね。京都人のお宅から帰ろうとすると、「おやまぁ、時分時だのにちっとも気がつきまへんで。何もおへんのですけどちょっとお茶漬けでもどーどす?」なんて声を掛けられるらしい。
●単なる挨拶です。「さよか、ほなら一杯だけいただきまひょか」と、上げかけた腰を下ろして茶漬けをご馳走になると、あとから「野暮だ」などと悪口を言われるらしい。この習慣をとりあげた「京の茶漬」という落語があります*1。
◆参考*1:CD「特選!! 米朝落語全集 第7集『らくだ/京の茶漬』」三代目桂米朝、TOCZ5071、東芝EMI
◇HP「日本橋こぼれ話」(口絵の参考にさせて頂きました)
http://www.yamamoto-noriten.co.jp/blog_cgi/index.php?page=2

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
年配の人がよく使う「時分時(じぶんどき)」という言葉はどんな意味? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる