町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 全問正解したい漢検準2級の問題。「紛糾」は「ふんきゅう」と読むの?

<<   作成日時 : 2007/09/07 06:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:●ぜひ押さえておきたい漢検準2級程度の問題です。次のうちで正しい記述はどれでしょうか?
[い]「紛糾」は「ふんきゅう」と読む
[ろ]「適宜」は「てきせん」と読む
[は]「鍛錬」は「たんれん」と読む
[に]「損害を被る」の「被る」は「かぶる」と読む
[ほ]「恭謙」は「きょうけん」と読む
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:[い]と[は]、[ほ]が正しい
説明:●[い]「紛糾」は「ふんきゅう」と読む(○)
「紛」は「みだれる、ごたごたともめる、まぎれる」という意味があるそうです。「糾」は「ただす、縄をなう」といった意味があります。合わせると「意見や主張などが対立してもつれること」ですね。
●[ろ]「適宜」は「てきせん」と読む(×)
正しくは「てきぎ」と読みます。「状況によく合っていること。また、そのさま」だそうです。「宣(せん)」と「宜(ぎ)」は類似品で紛らわしいですね。「宣」は訓読みでは「のべる、のたまう」だそうです。「宜」は無理に訓読みすれば、「まつる、よろし」とのこと。「字通」という漢和辞書には、「宜適(ぎてき)」という熟語が掲載されていました。「ほどよい、適宜」と説明されていました。上下を入れ替えても意味が同じ熟語ですね。
○「適宜」という熟語は「便宜に従うこと。その時々に応じて、各自の判断で行動するさま」という意味でも利用されます。「時間になったら適宜着席してください」などと言いますね。
●[は]「鍛錬」は「たんれん」と読む(○)
ボクシング漫画の「あしたのジョー」に丹下段平という重要な登場人物がいます。ジムの親分で心身両面からジョーに影響を与える人ですね。この人の名前がどうしても「鍛平」と思えて仕方がありません。「段平」という活字を目にするたびに「鍛平」じゃなかったっけと疑います。鍛える役だからでしょうか。
●[に]「損害を被る」の「被る」は「かぶる」と読む(×)
正しくは「こうむる」と読みます。「蒙る」とも書きます。「かぶる」という読みもありますが、損害とか被害の場合は「こうむる」のようです。
●[ほ]「恭謙」は「きょうけん」と読む(○)
恭謙は「慎み深く、へりくだること」だそうです。難しい言葉ですね。恐らく生涯を通じて一度も使ったことがないだろうな。「恭謙な態度で人に接すべし」などと使われるそうです。
◆参考:書籍「2008年度版 漢字検定 問題と解説 準2級」新星出版社
◇辞書「字源」簡野道明、角川書店
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
全問正解したい漢検準2級の問題。「紛糾」は「ふんきゅう」と読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる