町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS くじ引きで将軍になったのは誰?

<<   作成日時 : 2007/07/26 06:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 7 / コメント 0

画像

問題:●日本において武家政権が誕生したのはご存じの鎌倉時代です。明治維新まで、世の中では将軍がいちばん権力があるという時代が長く続きました。もっとも、鎌倉時代は実際には執権のほうが権力があったのかもしれません。室町幕府でも有力大名が強かった時代のほうが長かったようです。とくに最後のほうの将軍はほとんど飾りのような存在だったらしい。
●それでも征夷大将軍となれば、メシの食いっぱぐれはありません。権力がない場合は責任もないわけで、考えようによっては気楽で素晴らしい立場かな。
●それはともかく、鎌倉、室町、江戸の3つの武家政権のなかのひとつでは、あるとき、後継将軍を選ぶのにくじを引いたことがあるそうです。では、くじ引きで将軍になったのは次のだれでしょうか?
[い]鎌倉幕府…第5代将軍藤原頼嗣(よりつぐ)
[ろ]室町幕府…第6代将軍足利義教(よしのり)
[は]室町幕府…第14代将軍足利義栄(よしひで)
[に]徳川幕府…第7代将軍徳川家継(いえつぐ)
[ほ]徳川幕府…第12代将軍徳川家慶(いえよし)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:[ろ]室町幕府…第6代将軍足利義教(よしのり)
説明:●応永32(1425)年2月、5代将軍足利義量(あしかがよしかず)が19歳の若さで亡くなります。お父さんである義持(よしもち)氏が法体(ほったい)のまま幕府の政治を担当したそうです。ちなみに「法体のまま」というのは「僧侶の身分のまま」という意味らしい。義持氏は第4代将軍だった人で、義量氏の実父だそうです。
●室町幕府の将軍一覧を眺めると、応永32年(1425年)2月ごろから〜正長2年(1429年)3月ごろにかけて空白の時期があります*3。この4年のうち3年ほどは義持がピンチヒッターでつとめていたのかな。
●正長元(1428)年正月に義持氏は急病にかかったそうです。風呂場でコケて足の腫れ物に悪性のバイ菌がはいったため、急激に容態が悪くなったとのこと。どうでもいい話ですが、現在でも毎年1万4000人ほどの人が入浴中の事故で亡くなっているそうです(財団法人東京救急協会『平成12年度入浴事故防止対策調査委員会研究委員会』による推定数)。偉い人もそうでない人も入浴中の事故には注意しなければなりません*2。
●重臣たちはあわてて後継者問題を協議し、義持の意見を聞きます。病床の義持は「俺が指名してもお前たちが納得しなければ無意味だ。お前たちが推薦するものを選ぶがいい」と言ったそうです。悟りきったように見えますが、どうもそうではないらしい。彼には義量以外の子供はいなかったそうです。政治の重要案件は重臣会議で決まっていたらしく、なかばは諦めの言葉であり、なかばは皮肉だったのかもしれません。
●結局、義持の4人の弟たちの中からくじ引きで選ぶことになったそうです。義持は金閣寺を作った義満の子供です。義満は子宝に恵まれていたんですね。4人の候補者は次のとおりだったとのこと。
・青蓮院(しょうれんいん)の義円(ぎえん)
・大覚寺の義昭(ぎしょう)
・相国寺(しょうこくじ)の永隆(えいりゅう)
・三千院の義承(ぎしょう)
●瀕死の義持氏は、自分が存命中はくじ引きはしないという条件で、くじ引きによる後継者選びを認めたとのこと。重臣たちは「没後のくじ引きは混乱を招く」という理由で、こっそり生前にやっちゃったらしい。たしかに将軍の言うことはあまり聞く気がないようですね。
●四人の名前を書いた紙を封筒に入れて封をし、封印を書き、官領(かんれい)畠山満家(はたけやまみついえ)が六条八幡の神前で引いたそうです。彼が室町殿(花の御所)を出発したのが正長元(1428)年正月17日夜9時ごろ。戻ってきたのが夜11時ごろ。石清水八幡(いわしみずはちまん、現京都府八幡市)でくじを引いたという俗説があるそうですが、時間的には無理らしい。
●翌18日午前10時ごろ、義持が息を引き取ります。斯波義将(しばよしまさ)、畠山満家、細川満元(ほそかわみつもと)らの重臣たちは別室に集まり、昨晩引いてきた当たりくじを開封します。「青蓮院殿」と書かれていたそうです。翌19日、重臣たちは義円の元に赴き、事の次第を説明し、将軍就任を要請します。義円はそれを受け入れます。還俗して正長2年(1429年)3月15日、第6代将軍に就任したらしい。
◆参考*1:書籍「続日本史こぼれ話 古代・中世」新書初版150〜152頁、笠原一男/児玉幸多編、山川出版社
◇*2HP「東京ガス: 住まいと暮らしの便利帖/住まいの中の安全大研究」
http://home.tokyo-gas.co.jp/benri/sumai2/lesson2_1.html
◇*3HP「足利将軍一覧 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E5%88%A9%E5%B0%86%E8%BB%8D%E4%B8%80%E8%A6%A7
◇HP「神戸アルバム」(口絵の参考にさせて頂きました)
http://www.hpmix.com/home/eijie/A8_7.htm

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

<AISBN:4634607301>続・日本史こぼれ話―古代・中世</AISBN>
続・日本史こぼれ話―古代・中世

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
福田康夫氏第91代首相。ところで、いままでに何人の人が総理になったの?
●★政治/経済★●●●●● 問題:「福田氏、第91代首相に選出」(YOMIURI ON LINE 070925) http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070925it11.htm?from=top ●元外務大臣安倍晋太郎(あべしんたろう)氏の息子さんが内閣総辞職し、元首相福田赳夫(ふくだたけお)氏の息子さんが第91代総理大臣になったとのこと。おめでとうございますというべきなのかな。世襲ばかりでは面白味と新鮮味には欠けますけど。 ●福田... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2007/09/26 07:01
鎌倉幕府、室町幕府、徳川幕府。第4代将軍って誰だったか覚えていますか?
●●●●●★歴史★● 問題:西暦1218年の今日、2月12日(建保6年1月16日)。のちの鎌倉幕府第4代将軍となられるかたが生誕されたそうです。 ●ところで、この人の名前を覚えていますか? 武家政権は、初代と3代目はわりと知られています。源頼朝(よりとも)と実朝(さねとも)。足利尊氏(たかうじ)と義満(よしみつ)。徳川家康(いえやす)と家光(いえみつ)。それぞれ高い知名度を誇っています。でも4代目となるとちょっと覚えていませんね。 ●では、うろ覚え人名クイズです。次の記述で正しいのは... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2008/02/12 06:50
象が初めて日本に渡ってきた日。誰に謁見したの?
●●●●●★歴史★● 問題:西暦1408年の7月15日。旧暦では応永15年6月22日。東南アジアから渡来した南蛮船により若狭国に象が上陸したそうです*1。 ■南蛮船とはいっても、ポルトガルやスペインなど欧州系の人が乗ってきたわけではありません。バスコ・ダ・ガマが喜望峰を回って初めてインドに到達したのは明応7年(1498)になってからだそうです。海路で欧州人が日本までやって来るのは、もう少し先になってからですね。 ■参考資料*3によると、アラジン(亜烈進)卿というサルタン(首長)の船ら... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2008/07/15 06:53
楠木正成の子孫たちはなにをしてちょっと有名になったの?
●●●●●★歴史★● 問題:ちょうど1ヶ月前の平成21(2009)年1月10日。大津市の近江神宮で、小倉百人一首競技かるたの第55期クイーン位決定戦が行なわれました。この戦いで第55期のクイーン位を獲得するとともに、最年少で永世クイーンの座をつかんだのは、立命館大学に通う楠木早紀(くすのき さき)さんだそうです。永世クイーンの資格は、通算5回の優勝が条件らしい。楠木さんは、かなり若いうちからクイーン位を獲得してきたようですね。おめでとうございます。 ■「楠木」つながりで、本日のクイズで... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2009/02/10 06:41
将軍暗殺劇の主役赤松満祐。何が赤松を犯行に駆り立てたの?
●●●●●★歴史★● 問題:赤松満祐(みつすけ、まんゆうとも)は、南北朝時代の南朝弘和(こうわ)元年、北朝でいえば永徳(えいとく)元年、西暦1381年に生まれたそうです。この年の2月ごろから南北朝ともにそれぞれの元号に改元されています。3代目の将軍、足利義満の治世ですね。 ■実家の赤松家は鎌倉時代には播磨(はりま)の地頭だったとのこと。足利尊氏に呼応して室町幕府の成立に寄与したらしい。功臣として播磨・備前(びぜん)・美作(みまさか)の守護に任じられたそうです。室町幕府の中では、細川・斯... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2011/02/23 06:57
赤松満祐(まんゆう)の叛逆はいつのことだっけ?
●●●★日本語★●●● 問題:我が国には昔から落首という社会諷刺の手段があります。落首のなかにはなるほどと思わせる作品が少なくないですね。 ■田沼意次(おきつぐ)がワイロをとって汚い政治を行なったとして批判した落首がよく知られています。「田や沼や よごれた御世を 改めて 清くぞすめる 白河の水」。田沼失脚の後に白河藩の松平定信(さだのぶ)が寛政の改革を始めます。世直しへの期待感も含まれた落首ですね。 ■ところが、松平定信の政治は窮屈で、江戸の町民はたちまち音をあげることになります。「... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2012/09/06 08:10
室町幕府の6代目と似て、西ローマ帝国の皇帝も籤(くじ)で決まったことがあったの?
●●●●●★歴史★● 問題:ご存知のとおり、室町幕府の6代目将軍、足利義教(よしのり)は籤引き(くじびき)で選ばれた将軍です。応永(オウエイ)32年(1425年)、5代目の義量(よしかず)は急病で19歳という若さで頓死します。義量には子供がいなかったらしい。実父の4代目将軍義持(よしもち)がピンチヒッターとして職務をこなしたようですが、義持も応永(オウエイ)35年(1428年)に急病に倒れてしまいます。義量以外の子供はいなかったらしい。 ■重臣たちは後継者問題を協議すべく集まり、臥(ふ... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2017/08/02 07:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
くじ引きで将軍になったのは誰? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる