町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢検準2級程度の問題。「斎場」は「さいじょう」と読むの?

<<   作成日時 : 2007/07/20 07:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

問題:●ぜひ知っておきたい漢検準2級程度の問題です。次のうち正しい記述はどれでしょうか?
[い]「斎場」は「さいじょう」と読む
[ろ]「厄介」は「やっかい」と読む
[は]「外叔」は「がいじょ」と読む
[に]「鳴門海峡のウズシオ」のウズシオは「巻潮」と書く
[ほ]「ケイソツな行動」のケイソツは「軽卒」と書く
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:[い]と[ろ]が正しい
説明:●[い]「斎場」は「さいじょう」と読む(○)
「斎場」は葬式をする施設ですね。「斎」という漢字は「ものいみ、いつき」などの訓読みがあります。「ものいみ」とは「心身のけがれを除く」という意味があるとのこと。「いつき」とは「心身を清めて神に仕える」ことだそうです。
○そういえばサイトウという苗字には「斉藤」、「斎藤」、「齊藤」、「齋藤」などいくつかの漢字があります。「斉」という漢字を辞書で引くと、異体字として「斎」、「齊」、「齋」が書かれていたりします(ATOKの手書き辞書)。異体字というのは、「標準の字体とは異なるが、意味・発音が同じで、通用する漢字」だそうです。「通用する」とはいっても、名刺に「齋藤」と書かれているのに「斉藤様」と宛名書きして送ったら、気分を害されるでしょう。
○訓読みでは「斉」と「齊」は「ひとしい」、「斎」と「齋」は「ものいみ、いつき」。2グループにわかれるようです。ややこしいですね。
●[ろ]「厄介」は「やっかい」と読む(○)
厄介は「めんどうなこと。扱いに手数がかかり、煩わしいこと」だそうです。厄介者といえばトラブルメーカーとほぼ同義ですね。「厄介になる」というと居候をするという意味にもなります。「十かいの身の上」という言葉があります。「二階に厄介になる」、合わせて十かいというわけですね。落語「湯屋番」などに出てきます。
●[は]「外叔」は「がいじょ」と読む(×)
正しくは「がいしゅく」だそうです。「母方の叔父。母の弟」だそうです。調べましたが、「外伯」はありません。「母の兄」は何と呼ぶのかな。
●[に]「鳴門海峡のウズシオ」のウズシオは「巻潮」と書く(×)
正しくは「渦潮」だそうです。巻潮でも意味は通じそうな気がしますけど。
●[ほ]「ケイソツな行動」のケイソツは「軽卒」と書く(×)
正しくは「軽率」だそうです。「率」という漢字は「シュツ、リツ、ソツ」なとの音読みがあります。「シュツ」という読みは日常使われる語では見かけません。「リツ」と読むときの意味は「割合、ほど」だそうです。「ソツ」と読むときの意味は「従う」とか「かろがろし」という意味とのこと。引率(インソツ)されるときは「従う」し、軽率では「かろがろし」なようです。なお、「軽卒」という熟語は「身分の軽い兵士」という意味があるようです。
◆参考:書籍「2008年度版 漢字検定 問題と解説 準2級」新星出版社
◇辞書「字源」簡野道明、角川書店
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries大辞林
◇HP「フォトギャラリー」(口絵の参考にさせて頂きました)
http://misato.dip.jp/2004mix/gotou/A3_2.htm
◇CD「ライヴ上方艶笑落語集二『湯屋番/堀越村のお年玉』」三代目笑福亭仁鶴、COCF13242、コロムビア

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

上方艶笑落語集(2)
上方艶笑落語集(2)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
漢検準2級程度の問題。「斎場」は「さいじょう」と読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる