胃袋の健康についての問題。胸焼けってホントは食道が焼けているの?

画像

問題:●多くの人は、臓器のなかで胃袋といちばんつきあいが深いでしょう。腹具合はいつでも気になります。心配ごとではキリキリ痛みますし、飲み過ぎると重くなります。臓器の中でも肝臓などは無言の行を続けているようで、ほとんど持ち主に挨拶もありません。やっぱり何ごとかあったときに反応のある奴のほうが、互いに気が知れます。
●では胃袋やその周辺の健康にまつわる雑学です。次のうち正しい記述はどれでしょうか?
[い]胸焼けは、実際には胃袋の内容物が逆流して起こる
[ろ]胃酸はペーハーが2という強力な酸で鉄をも溶かすと言われている
[は]実験では胃袋は7リットルしか内容物を保持できない
[に]胃下垂の人では食道が延び、臍(へそ)の下から胃が始まることがある
[ほ]十二指腸潰瘍は若い人に多いが、胃潰瘍は中年以降に多い
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:[い]と[ろ]、[ほ]が正しい
説明:●[い]胸焼けは、実際には胃袋の内容物が逆流して起こる(○)
胃袋と食道のあいだは括約筋があり、普通は逆流しません。なんらかの原因で括約筋が緩むと、胃酸を含んだ酸性の内容物が食道に逆流します。食道の粘膜は胃袋ほど酸性に強くないので、ただれたりするそうです。これが胸焼けらしい。逆流性食道炎と呼ばれるそうです。ちなみに括約筋が緩む原因の50%は胃炎。40%が胃潰瘍あるいは十二指腸潰瘍だそうです。
●[ろ]胃酸はペーハーが2という強力な酸で鉄をも溶かすと言われている(○)
ご存じの方も多いでしょう。胃袋では塩酸が分泌されているとのこと。食べ物は食後数時間胃袋の中にとどまります。暖かく水分も多いので雑菌が繁殖しやすくなります。強力な酸で雑菌の繁殖を抑え、食べ物の腐敗を防いでいるそうです。
●[は]実験では胃袋は7リットルしか内容物を保持できない(×)
胃袋は筋肉でできています。毎日使用して最大120年ほど使えます。なかなか丈夫です。気味の悪い話で恐縮ですが、取り出した人間の胃袋はだいたい4リットルを越えるぐらいの水を入れると破裂するそうです。もちろん個人差はあるでしょう。ギャル曽根チャンや小林尊(たける)クンの胃袋が4リットルで破裂していたら商売にならないでしょうしね。
●[に]胃下垂の人では食道が延び、臍(へそ)の下から胃が始まることがある(×)
胃下垂の人はたしかに胃袋の下部が臍の下にある例もあるそうです。でも、胃の始まりの位置は変わらないらしい。つまり胃下垂の人は胃袋そのものが縦に延びていることになるようです。
●[ほ]十二指腸潰瘍は若い人に多いが、胃潰瘍は中年以降に多い(○)
これは経験と合致します。若い人が消化器系で入院したという話は十二指腸潰瘍が多いと思います。胃潰瘍は中年以降の人からよく話を聞きます。はっきりした理由はまだわかっていないらしい。
◆参考*1:書籍「医学 知って得する雑学百科」初版50~51頁、坂本俊雄・坂本直隆著、文芸社

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

医学知って得する雑学百科

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック