有名作家と男同士でキスをしている図はパンのようだったと評されたのは?

画像

問題:●稲垣足穂(たるほ)という作家をご存じでしょうか。明治に生まれて昭和に亡くなった20世紀の奇人作家です。したたか酒を飲み、激しい毒舌を吐く。これなら酒場じゃ珍しくないか。でも、少年がお好きとカミングアウトしていて、しかも人間嫌いとなると、希少価値が出てきます。ましてや不思議な幻想を巧みに文章に結実させるとなると、稲垣足穂以外には考えられません。「一千一秒物語」などのファンタジックな作品を世に送り出しています。
●では近代の奇人作家、稲垣足穂についての雑学です。次のうち正しい記述はどれでしょうか?
[い]足穂の母親は炊事嫌いで味噌汁以外はあまり作らなかった
[ろ]飛行機を愛したが「墜落即死がエロチックで好きなので飛ぶのは野暮」と言って乗らなかった
[は]女性は成熟するが少年は一瞬の美しさ。その稀少価値を愛した
[に]同人誌の合評会で自分はキスの名人だと威張りだして作家三島由紀夫と10秒ほどしてみせたことがある
[ほ]小林秀雄はニセ者、テキヤ。川端康成は千代紙細工など毒舌は雑誌社が掲載を控えたことがあるほどだった
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:[い]と[ろ]、[は]、[ほ]が正しい
説明:●[い]足穂の母親は炊事嫌いで味噌汁以外はあまり作らなかった(○)
足穂の母親は、裕福な歯科医師の娘とのこと。謡曲は師匠並みで絵も上手だったようです。でも、炊事は得意ではなかったようです。足穂は心のこもった手料理を食べたことがないらしい。
●[ろ]飛行機を愛したが「墜落即死がエロチックで好きなので飛ぶのは野暮」と言って乗らなかった(○)
12歳のころから飛行機が好きになり、自分で作ろうと思うほどに取り憑かれていたそうです。そのわりには実際には乗らないらしい。彼なりの美学だそうです。
●[は]女性は成熟するが少年は一瞬の美しさ。その稀少価値を愛した(○)
「少年愛の美学」という本がよく知られています。女性はどんどん円熟していってしまう。少年の美しさは刹那(せつな、瞬間)にある。「今日限りの命」である少年愛の美しさを力説していたそうです。でも、飛行機の場合と同様で、彼は乗ることはしなかったと言われます。
●[に]同人誌の合評会で自分はキスの名人だと威張りだして作家三島由紀夫と10秒ほどしてみせたことがある(×)
正しくは「作家椎名麟三と…」だそうです。二人とも頭髪がきわめて貧しかったので、二つ頭のパンのようだったとのこと。
● [ほ]小林秀雄はニセ者、テキヤ。川端康成は千代紙細工など毒舌は雑誌社が掲載を控えたことがあるほどだった(○)
彼の師匠は佐藤春夫だそうです。佐藤春夫もかなり激しく文壇人士を攻撃する人だったらしい。ところが、半年ほど居候しているうちに、佐藤が足穂の文章をひそかに用いたそうです。怒った足穂は佐藤春夫の蔵書を勝手に売り飛ばしたとのこと。で、師匠に破門をくらったようです。
○後年、佐藤春夫が文化勲章を受章したときに、稲垣足穂は次のように書いたらしい。「(佐藤の文章は)誰が聚(あつ)めた資料とも何人が書いた原稿とも知れぬものを、我流に写し取っただけ」。「マヤカシモン」であり、「天国受け容れず、地獄またこれを拒む輩(やから)」。なかなか激しいですね。雑誌社は掲載を見合わせたとのこと。暫くして載せたそうです。最高に面白い話なので、度胸をすえて掲載してしまえばよかったのに。
◆参考*1:書籍「日本奇人・稀人事典」祖田浩一編、東京堂出版
◇HP「松岡正剛の千夜千冊『一千一秒物語』稲垣足穂」(口絵の参考にさせて頂きました)
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0879.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

日本奇人・稀人事典

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ふくろう虫
2007年04月21日 12:13
稲垣足穂が 椎名麟三とキスをしている写真は
まだ見たことがないが 野坂昭如とのキス写真は有名ですね
ふくろう虫
2007年04月21日 12:13
稲垣足穂が 椎名麟三とキスをしている写真は
まだ見たことがないが 野坂昭如とのキス写真は有名ですね
ふくろう虫様<素町人
2007年04月21日 23:08
コメントをありがとうございます。

 野坂昭如と稲垣足穂の接吻は噂には聞きますが写真を見たことがありません。

 ありか(URL)をご存じでしたら、教えていただけると幸いです。
m(_ _)m
ふくろう虫
2007年04月22日 22:29
私が持っている蔵書の中では
毎日新聞社「昭和文学作家史」(別冊一億人の昭和史)の中の稲垣足穂のページにあります
ふくろう虫様<素町人
2007年04月23日 06:18
コメントをありがとうございます。

 さっそくご教示いただき、恐縮です。
 調べてみたいと思います。
 有り難うございました。
m(_ _)m

この記事へのトラックバック