横浜も「裏契約金」。出身校監督が貰ったかもしれない3000万円は暴利?

画像

問題:「5億3000万円は那須野の口座に…横浜、規約違反認める」(サンスポ.com 070411)
http://www.sanspo.com/sokuho/0411sokuho022.html
●横浜ベイスターズ那須野巧(なすのたくみ)投手が、新人選手契約金の 「最高標準額」1億円をはるかに上回る5億3000万円を受け取ったことが明るみにでました。西武球団の「裏金問題」は、いよいよ飛び火し始めたようです。おそらくスポーツ紙や週刊誌では「裏金チーム」を組んで他球団の「裏金問題」を探っていることと思われます。まだいくつか露見する可能性もあるでしょう。
●素町人は、裏金問題なんて全然「問題」ではないと思います。12球団で決めた内規ですが、誰も守っていないらしい。それなら、誰も被害者はいません。選手も学校も球団も、みんなが満足しているのなら、それでいいのではないか。そもそも、誰も守れないような決まり事を作るほうが間違っています。
●「最高標準額」という言葉からしておかしいですよね。最高額なのか標準額なのかはっきり出来ない事情があったのでしょうか。こんな珍妙な言葉を平気で掲げてきたらしい。タテマエとホンネに引き裂かれた関係者の苦悩が垣間見えるような気がします。
●那須野巧投手が受け取ったという5億3000万円のうち3000万円が出身校日大の監督に渡ったという報道もあるそうです。可能性はあるでしょう。5億円の取引きを仲介する手数料が3000万円ということでしょうか。
●ではここで問題です。3000万円報酬説を信ずるとした場合、日大監督は世間相場からみて暴利をむさぼったのでしょうか。依頼人に5億円の経済利益がある民事の弁護士収入(着手金+報酬)の割合と比べて考えて下さい。
[い]弁護士の実入りのほうが1000万円以上大きい
[ろ]ほぼおなじ額の実入りになっている
[は]弁護士の実入りのほうが1000万円以上小さい
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:[い]弁護士の実入りのほうが1000万円以上大きい
説明:●参考資料*1によれば、訴訟にしろ示談にしろ、3億円以上の経済的利益があった場合には、着手金が2%+369万円。報酬が4%+738万円だそうです。これに従って計算すると、着手金が1369万円、報酬が2738万円。合わせて4107万円になります。5億円を得たとしても実質は4億5893万円になってしまうということでしょうか。
●ホントは弁護士費用の対象は5億3000万円で計算すべきなのかもしれませんね。そうすると、弁護士の収入は若干増えます。いずれにせよ、日大監督の仲介料は、社会通念上、暴利をむさぼったものとはいいにくですね。まっ、あくまでも監督の3000万円報酬説を信じた場合の話ですけど。
●今回の那須野巧投手の事例で、プロ野球は子供達に夢を与えました。MLBではなく、日本の球団の契約金でも、こんな凄い金が貰えるのか。ますます練習に励むでしょう。
●決して皮肉ではありません。完全ウェーバー制も一案ですが、それはプロ野球界の都合しか考えていません。選手側の都合を考えた場合、完全自由化が最善の策かもしれません。中学や高校在学中でも契約できるようにしたらいいでしょう。同時に、指導者に対する報酬も解禁したらいいと思われます。監督やコーチは選手の育成に目の色を変えるでしょう。選手もより真剣に野球に取り組むでしょう。結果として、日本のプロ野球界の戦力向上にもいい影響を及ぼすと思われます。
◆参考*1:HP「弁護士報酬規定」
http://homepage2.nifty.com/ootahiromi/hosyu.html
◇HP「横浜ベイスターズ 選手名鑑 プロフィール詳細」(口絵の参考にさせて頂きました)
http://www.baystars.co.jp/player/directory/detail.php?in_id=112

ぬけられます→スポーツ/芸能雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sadakun_d
2007年04月14日 08:54
横浜の那須野なんて初めて名前を見た!5億3千万円の価値ある投手ならねぇ。

裏金にしろ正規契約金にしろ所得税がかかって来ます。国税局は気合いを入れて新聞と週刊誌を読んで追徴金を徴収に行きなさい。
sadakun_d様<素町人
2007年04月14日 20:27
コメントをありがとうございます。

 このあいだプロ野球のニュースで実際の投球フォームが見られました。
 大柄な投手で、育ったら一流にもなれそうな雰囲気はありました。大魔神佐々木ぐらいに育ったら、5億円も安いものですね。

 莫大な裏金を受け取りながら申告していなかったりすると、那須野投手の明日はないかもしれませんね。

 アル・カポネもサッチーも脱税でこけました。脱税はみんなの恨みを買うから怖いですよね。
(^^;)

この記事へのトラックバック

  • 那須野巧

    Excerpt: 那須野巧 プロフィール検索 動画検索 画像検索 Weblog: いま人気のコトバとは? racked: 2007-04-14 20:52