タコ、イカ、サメ、マグロ、ウツボの中でいちばんIQの高いのは?

画像

問題:海の生き物の知能指数の問題です。次のうち、いちばん知能が高いと言われている水中生活者は誰でしょうか?
[い]鮫(サメ)
[ろ]蛸(タコ)
[は]鮪(マグロ)
[に]烏賊(イカ)
[ほ]靱(ウツボ)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:[ろ]蛸(タコ)
説明:蛸は頭足類(とうそくるい)という種類に分類されます。訓読みすると「あたまあし(類)」です。でもホントは「あたまよし(類)」なんですね。
●実際、蛸の知能指数の高さは、哺乳類を除くと、水中生活者の中の王様と言われています。まぁ、頭の大きさから見てもIQは高そうです。関係ないか。
●頭がいいことの例としてあげられるのが、人真似の行動だそうです。水槽の前で人間がビンのねじり蓋をつかんでぐるっと回して開きます。蛸におなじビンを与えると、人の真似をし、ビンの中身を取り出す能力があるそうです。ちなみに、目も脊椎動物とおなじ仕組みで一対になっています。
●ジャン・クストーというフランスの海洋学者のおじさんも、蛸を「海の霊長類」と評しているとのこと。日本では、受験生の守り神としてタコのマスコットを飾ったりするそうです。ただしこちらは高いIQにあやかるというよりは「置くとパス」の駄洒落の意味が強いとのこと。タコは良質のタンパク源であり、脂肪も少ない健康食だそうです。置くだけでなく、食うとパスかもしれません。
●鮫も実はなかなか頭がいいそうです。ある観光地では、水中で生ジョーズを観察する仕掛けを売りにしています。金属製の丈夫な檻に人を入れて沈めるらしい。空気は管かなんかで供給するのでしょうか。ここの鮫は、檻が壊れないことを知っていながら、わざと身体をぶつけてみせるそうです。どうも営業用らしい。人喰鮫らしい演技をすると、餌がたくさんもらえるのを経験で知っていると推測されています。
◆参考*1:書籍「おもしろくてためになる魚の雑学辞典」富田京一、荒俣幸男、さとう俊著・日本実業出版社
◇*2HP「タコ – Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%B3
◇HP「ジョーズフォトツアー後半編」(口絵の参考にさせて頂きました)
http://www.spacecan.com/usj/atraction/jaws/jaws3.html

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック