町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 知らないと恥かもしれない漢検2級の問題。「風カオル五月」を漢字にすると?

<<   作成日時 : 2007/03/27 11:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

問題:知らないと恥をかくかもしれない漢検2級の問題です。次のうち正しい記述はどれでしょうか?
[い]「風カオル五月」は漢字では「風香る五月」と書く
[ろ]人混みに「まぎれこむ」は漢字では「粉れ込む」と書く
[は]「窯業」は「ようぎょう」と読む
[に]「諭す」は「ただす」と読む
[ほ]「春( )一刻値千金」の括弧内に入れるべき漢字は訓読みでは「よい」である
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:[は]と[ほ]が正しい
説明:●[い]「風カオル五月」は漢字では「風香る五月」と書く(×)
正しくは「薫る」です。「香る」も「薫る」も各種の匂い分子が嗅覚受容体を快く刺激することを意味します。でも、なぜか「風薫る」と書き、「風香る」とは書きません。「薫る」という漢字はそもそもは香草を意味するらしい。転じて「移り香がする」という意味もあるとのこと。風そのものに良い香りがあるわけではなく、植物などの移り香が空気に匂いをつけます。それで、「風薫る」と書くのかな。
●ちなみに「薫陶」という言葉は先生の移り香…といっても加齢臭ではなく、徳や知恵が弟子に自然に染みつく意味ですね。そもそもは陶器用の土のそばで香を焚き、良い香りの土で陶器を作ると、焼かれた作品も良い香りがするという技法から出た言葉と聞いたことがあります。
●[ろ]人混みに「まぎれこむ」は漢字では「粉れ込む」と書く(×)
正しくは「紛れ込む」です。「紛」は「ごたごたともめる、みだれる」といった意味があるそうです。「紛争」も「ごたごたともめる」ことです。「粉」は「小麦粉」の「粉」ですね。「粉」と「紛」のふたつの字は形がまぎらわしい。ところで、「まぎらわしい」を漢字で書くと「紛らわしい」になります。
●[は]「窯業」は「ようぎょう」と読む(○)
「窯」は訓読みでは「かま」ですね。陶磁器を作る設備です。「よう」という読みはわかりにくいなと思ったら、火を意味する部首「れっか、れんが」の上に「羊」が載っているではないかと言われました。なるほど「羊」なら「よう」ですね。
●[に]「諭す」は「ただす」と読む(×)
正しくは「さとす」ですね。「教えて了解せしむ」、「善に導く」ことだそうです。「教諭」は「教え諭す」仕事らしい。近ごろは先生が児童生徒になめられており、職務をまっとうしにくい場合があるとのこと。体罰の復活が必要だろうと思われます。児童生徒だけでなく、理不尽なことを学校に押しつける親も少なくないと聞きます。そうした親もバケツを持たせて廊下に立たせるといいかもしれません。
●[ほ]「春( )一刻値千金」の括弧内に入れるべき漢字は訓読みでは「よい」である(○)
蘇東坡(そとうば)という北宋の作家の作品に「春宵一刻値千金(しゅんしょういっこくあたいせんきん)」という句があるそうです。厳しい冬を終えると春の夜はとても安らぎ、落ち着いた時間に感じられます。夜桜が月光にうっすらと映えていれば言うことなし。「さすがに春の灯火(ともしび)は格別である」とは「吾輩は猫である」の一節です。古今東西の文豪が春の夜を称えています。「宵」はもちろん「よい」と読みます。
◆参考:書籍「2008年版 2級漢字検定問題と解説」新星出版社
◇辞書「字源」簡野道明、角川書店
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇HP「桜のある風景「夜桜 2005」(東京の夜景)」(口絵の参考にさせて頂きました)
http://tokyoyakei.halfmoon.jp/tokyo/sakura/tokyo-sakura05.html

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

2級漢字検定 問題と解説〈2008年度版〉
2級漢字検定 問題と解説〈2008年度版〉

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
知らないと恥かもしれない漢検2級の問題。「風カオル五月」を漢字にすると? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる