町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 間違えたくない漢検準2級の問題。「すたれる」ってどう書くの?

<<   作成日時 : 2007/03/16 07:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

問題:間違えたくない漢検準2級の問題です。次の空欄( )に入る漢字は何でしょうか?
□[い]四文字熟語「百( )夜行」
□[ろ]四文字熟語「不( )不滅」
□[は]「碁( )と対戦する」。読みは「ごがたき」
□[に]「流行が( )れる」。読みは「すたれる」
□[ほ]「議論が( )く」。読みは「わく」
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:●[い](鬼)、[ろ](朽)、[は](敵)、[に](廃)、[ほ](沸)
説明:●[い]四文字熟語「百(鬼)夜行」
「ひゃっきやぎょう」もしくは「ひょっきやこう」と読みます。「いろいろの化け物が夜中に列をなして出歩くこと」だそうです。水木しげるの漫画の世界ですね。「国会は百鬼夜行だ」などともいいます。化け物ばっかりなのかな。カボチャばっかりにも見えますけどね。
●[ろ]四文字熟語「不(朽)不滅」、もしくは「不(生)不滅」
「不朽不滅」は「朽(く)ちること、滅することのない」という意味ですね。「不朽不滅の名作だ」などと使えそうです。ただし、参考資料*1には「不朽不滅」という四文字熟語が収載されていませんでした。かわりに「不生不滅」という四文字熟語がありました。「常住不変であること。悟りの境界をいう」とのことです。というわけで、「生」という漢字でも正解です。
●[は]「碁(敵)と対戦する」。読みは「ごがたき」
なぜか「碁仇」とは書かないようです。ネットの辞書にも掲載されていませんでした。「碁敵(ごがたき)は 憎さも憎し 懐かしき」という川柳があります。「碁敵」の心理を描いて傑作なのは落語「笠碁(かさご)」ですね。十代目金原亭馬生師匠の名演が泣かせます。
●[に]「流行が(廃)れる」。読みは「すたれる」
「廃れる」は「使われなくなる」とか「通用しなくなる」という意味ですね。「義理人情が廃れる」とはいつの世でも嘆かれる言葉です。江戸に比べれば明治は義理人情の廃れた世の中。昭和に比べれば平成も義理人情の廃れた世の中なのでしょう。たぶん。
●[ほ]「議論が(沸)く」。読みは「わく」
「沸騰する」という意味ですね。「議論が沸く」、「会場が沸く」、「客席が沸く」などの場合は、「熱狂して騒ぎ立てる」の意味です。
◆参考*1:書籍「2008年版準2級漢字検定問題と解説」新星出版社
◇辞書「字源」簡野道明、角川書店
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林
◇HP「足付碁盤セット」(口絵の参考)
http://www.gorakudo.co.jp/goset/goset2.html

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

金原亭馬生名演集(1) 笠碁/文違い
金原亭馬生名演集(1) 笠碁/文違い

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
間違えたくない漢検準2級の問題。「すたれる」ってどう書くの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる