町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 間違えたくない漢検準2級の問題です。「懸垂」は何と読む?

<<   作成日時 : 2007/03/30 07:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

問題:間違えたくない漢検準2級の問題です。次のうち正しい記述はどれでしょうか?
[い]「懸垂」は「けんすい」と読む
[ろ]「災厄」は「さいき」と読む
[は]「同音( )義語」の括弧内には「意」という漢字が入る
[に]「応援団がコブする」を漢字に直すと「鼓舞」になる
[ほ]「滞る」は「いおる」と読む
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:[い]と[に]が正しい
説明:●[い]「懸垂」は「けんすい」と読む(○)
「懸垂」は真っ直ぐに垂れ下がる意味です。鉄棒に真っ直ぐにぶら下がり、腕力で上下運動するのも「懸垂」ですね。「懸垂菊」というのもあります。幕を垂らしたように菊の花を垂らして咲かせた豪華なものとのこと。菊川怜嬢が鉄棒にぶら下がって上下運動しているわけではありません。
●[ろ]「災厄」は「さいき」と読む(×)
正しくは「さいやく」ですね。「災い、災難」を意味します。「厄」という漢字は、そもそも「木の節」だとか、「肉のない骨」を意味するそうです。そこから「災い」という意味が出たとのこと。「厄年」、「厄介」などという熟語を作りますね。「厄介」は「他人の難儀を助ける」という意味だったとのこと。転じて、「難しいもの、もてあましもの」とか「居候(いそうろう)」という意味が生まれたそうです。
●[は]「同音( )義語」の括弧内には「意」という漢字が入る(×)
正しくは「異」ですね。ご存じのとおり、読みが同じで意味の違う言葉です。「異義」と「意義」と「威儀」は、もちろん「同音異義語」です。
●[に]「応援団がコブする」を漢字に直すと「鼓舞」になる(○)
「鼓を打ち、舞い踊る」のが「鼓舞」です。そこから「大いに励まし気持ちを奮いたたせること、勢いづけること」という意味が出たらしい。昔から応援は鳴り物と踊りがつきものだったのかな。流行の横文字で言えば、「inspire(インスパイア)」にも鼓舞するという意味があるようです。
●[ほ]「滞る」は「いおる」と読む(×)
正しくは「とどこおる」ですね。「滞在」という熟語を作ります。「滞留」とか「延滞」という不景気な熟語も作りますね。「いおる」はめったに聞かれない言葉です。「庵を結ぶ」意味だそうです。「引退したら田舎に庵りたい」などと使うらしい。
◆参考:書籍「2008年版 準2級漢字検定問題と解説」新星出版社
◇辞書「字源」簡野道明、角川書店
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇HP「So-net blog:戦闘詳報2:餌付けされた菊川怜」(口絵の参考にさせて頂きました)
http://blog.so-net.ne.jp/carlvinson/2005-12-15

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

準2級漢字検定 問題と解説〈2008年度版〉
準2級漢字検定 問題と解説〈2008年度版〉

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
間違えたくない漢検準2級の問題です。「懸垂」は何と読む? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる