2・26事件の日。叛乱部隊にはあの有名な落語家も参加していた?

画像

問題:今日は、ご存じの2・26事件の日です。昭和11(1936)年2月26日、行動派、失礼、皇道派と称する若手将校たちが「君側(くんそく)の奸(かん)」を殺して天皇親政を実現し、政治腐敗を一層し、庶民の窮乏を救おうとした事件です。彼らは高橋是清蔵相や渡辺錠太郎教育総監、斎藤実内大臣を殺害し、昭和天皇に自分たちの意志を伝えます。昭和天皇は激怒し、彼らは逆賊とされます。一部は自殺、大部分は投降し、裁判の結果、多くが処刑されました。
●では、2・26事件に関する雑学クイズです。次のうち正しい記述はどれでしょうか?
□[い]反乱軍のスローガンは「昭和維新・尊皇攘夷」だった
□[ろ]首相の岡田啓介は当初殺されたと思われたが、それは反乱軍の勘違いだった
□[は]昭和7(1932)年に起きた5・15事件の処罰が甘かったことも事件の遠因と言われている
□[に]反乱軍には一兵卒として五代目古今亭志ん生も参加していた
□[ほ]反乱軍および市民17人が死刑に処された。彼らの慰霊碑は渋谷区神南のNHKの近所にある
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:[ろ]と[は]、[ほ]が正しい
説明:●[い]反乱軍のスローガンは「昭和維新・尊皇攘夷」だった(×)
正しくは「昭和維新断行・尊皇討奸(そんのうとうかん)」です。当時は三菱や三井を初めとする財閥と庶民の格差が大きかったようです。「おしん」の生家のような貧しい家庭が多かったのに、一部には悪い利益をあげていた者もいたようです。社会の矛盾を感じていた青年将校たちは、何か行動を起こさねばと立ち上がったらしい。動機は悪くないのですが、解決法はいささか荒っぽいものでした。
●[ろ]首相の岡田啓介は当初殺されたと思われたが、それは反乱軍の勘違いだった(○)
岡田啓介だと思われた遺骸は義弟で首相秘書官の松尾伝蔵だったそうです。
●[は]昭和7(1932)年に起きた5・15事件の処罰が甘かったことも事件の遠因と言われている(○)
5・15では軍縮がらみで「話せばわかる」の犬養毅首相を海軍の青年将校が暗殺します。このときの犯人は禁固15年以下だったとのこと。陸軍の青年将校たちも、このことを意識していた可能性はあります。
●[に]反乱軍には一兵卒として五代目古今亭志ん生も参加していた(×)
正しくは「五代目柳家小さん」です。剣道の名人だったあの師匠ですね。当時は前座だったらしい。叛乱部隊の中では、上官命令で落語を一席させられたとのこと。「子ほめ」を演じたものの、なんせみんな緊張しているので、まるで受けなかったらしい。「面白くないぞ」という野次に「そりゃそうです。やっているほうだってちっとも面白くない」と返したと言われています。
●[ほ]反乱軍および市民17人が死刑に処された。彼らの慰霊碑は渋谷区神南のNHKの近所にある(○)
叛乱部隊の中核メンバーと理論的指導者北一輝など民間人合わせて17人が死刑に処されました。今の代々木公園の南の端っこあたりに旧東京陸軍刑務所があったそうです。ここで銃殺されたようです。今、NHKから通り(坂)をはさんだ向かい側渋谷税務署のわきに慰霊碑がたっているそうです。
◆参考:HP「二・二六事件 – Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E3%83%BB%E4%BA%8C%E5%85%AD%E4%BA%8B%E4%BB%B6
◇HP「五・一五事件 – Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/5.15%E4%BA%8B%E4%BB%B6
◇HP「柳家小さん (5代目) – Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E5%AE%B6%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%82%93_%285%E4%BB%A3%E7%9B%AE%29

ぬけられます→無分野雑学クイズ一覧

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック