86歳の怒り大爆発。川内康範氏を止める人はいないのか?

画像

問題:「森進一:『おふくろさん』もう歌わせない」(MSN Mainichi Interactive 070220)
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/news/20070220spn00m200001000c.html
●森進一と川内康範という作詞家が喧嘩をしているようです。川内康範氏は森進一氏のヒット曲「おふくろさん」の作詞者だそうです。森進一氏が「おふくろさん」の歌詞に無断で台詞を付け足している、と怒っているらしい。
●たしかに勝手に改変することはいけないことです。だからといって記者会見を開いて怒りをぶつける彼の行動はいささか常軌を逸しているように見えます。
●ではここで、とんだ災難が降りかかっている森進一氏に関するクイズです。次のうち、彼の持ち歌でないのはどれでしょうか?
□[い]年上の女
□[ろ]花と蝶
□[は]女のためいき
□[に]長崎は今日も雨だった
□[ほ]港町ブルース
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:[に]長崎は今日も雨だった
説明:●「長崎は今日も雨だった」は、内山田ひろしとクールファイブの大ヒット曲ですね。前川清の少し遅れ気味に出るような声が痺れます。
●他は全部森進一のヒット曲です。「女のためいき」はデビュー曲。「花と蝶」と「年上の女(ひと)」は短調のド演歌です。「港町ブルース」は「♪背伸びして見る…」と始まる長調演歌ですね。全国の港の名前を織り込んでいます。あっちこっちのご当地ソングという欲張りな歌です。とても覚えやすい単純な旋律ですね。
●喧嘩の当事者、川内康範氏と森進一氏がいかなる人物か。細かいことはまるで知りません。でも、今回の出来事に関して申し上げれば、川内康範氏の行為に愚かさを感じます。もし森進一氏側に「歌詞を勝手に変えないで」と改善を求めたいならその旨伝えれば済む話です。辛抱強く交渉し、誠意ある回答がなければ内容証明でも出して最後通告をすればよろしい。それで埒(らち)があかなければ、訴えて出ればいいでしょう。無断で改作されているものならば、法の上では川内康範氏側が有利と考えられます。静かに裁判を起こし、勝てば権利は守られるでしょう。それだけのことです。
●なぜ記者会見をしたのでしょうか。マスコミを動員して森進一氏側に圧力をかけたかったのでしょうか。マスコミを利用しようとすれば、マスコミに利用されることになります。賢い方法ではありません。現に「『おふくろさん』もう歌わせない」などとMSN Mainichi Interactiveの記事の見出しに書かれています。この見出しを目にした多くの人が、「この作詞家はナンボのもんじゃ」と思ったことでしょう。傲慢で偉そうです。他人に対する感謝の念を忘れた人物に見えます。そう思わせることが、川内氏の本意だったのでしょうか?
●ワイドショーで見たら、記者会見に臨んだ川内氏の顔には、私憤と私欲が満ちあふれていました。この2月26日で87歳になられるとのこと。自らの経験を活かして社会に恩返しすべき年齢です。それとも、子供に帰ってしまわれたのでしょうか。もしそうなら、誰かが止めてあげるべきなのかもしれません。
◆参考:HP「森進一 – Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E9%80%B2%E4%B8%80
◇HP「『月光仮面』の漫画家は、他にどんな作品を描いたの?」
http://blog.q-q.jp/200611/article_37.html

ぬけられます→スポーツ/芸能雑学クイズ一覧

この記事へのコメント

やえ
2007年03月05日 12:07
入院したのも知らない森氏はやはり義理人情の世界の人ではない。当時の貧しかった森をやはり人情感をもって手を差し伸べて、曲を与えたのは川内氏だと思う。又高齢でもあり、病気も抱えてつい頭にくる気持ちはわかる。又三文芝居も玄関の下に虎やの袋をマスコミ用に置くということ。誰も下においたもの食べられない。
ゆかきち
2007年03月05日 13:05
何十年も前からセリフを入れて歌ってたのに、何を今更言ってるのか?だったらもっと早くに歌えないようにしてればよかったのに。大体作詞家なんて一般人から見れば影の存在。それをテレビに出て言いがかりをつけているのは滑稽。しかも会見でタバコを吸うなどマナー違反。さらにマスコミを杖で追い払う姿からはとても過去の経歴を感じさせない。もしやこの老人認知症ではないのか?著作権は解るが、テレビであんなの見たらこの老人が悪者に見えるのだから不利なのにね。
礼儀
2007年03月05日 16:41
川内が森に対して、礼儀がなっていないというなら
自分は、会うぐらいは、するでしょう。
ただ、追い返すなら、川内も礼儀がなっていないでしょう。
礼儀
2007年03月05日 16:41
川内が森に対して、礼儀がなっていないというなら
自分は、会うぐらいは、するでしょう。
ただ、追い返すなら、川内も礼儀がなっていないでしょう。
やぇ、ゆかきち、礼儀様<素町人
2007年03月05日 17:34
コメントをありがとうございます。
 m(_ _)m
虎ジロー
2007年03月06日 13:20
言われるようにもし親子も同然な関係なのであれば森サンの至らなさを川内氏は温かく大きな気持ちで諌めれば宜しいのでは。それが法華経を語る者の(マスコミ向けのコメントに惜、無上道とありました)態度と信じます。一般人には難解な言葉を使ってみたりして川内氏には何だか驕りさえ感じました。それにしても森サンは
味方が居ないんですね。
感じました。
虎ジロー様<素町人
2007年03月06日 19:37
コメントをありがとうございます。

 なんだか素人にはよくわからない喧嘩ですね。
 (^^;)
森康範
2007年03月09日 19:26
この騒動なんだけど、川内康範の行動が大人げないというか、愚かにみえてなりません。今は森進一がバッシングされていますが、いつまでも傲慢な態度を示していれば、そのうち世間からのバッシングを浴びるのは目にみえています。私はあの数々の名曲を作った人がこんな小さい人間だったということに愕然としました。
森康範様<素町人
2007年03月10日 07:04
コメントをありがとうございます。

「いずれ世間からバッシング」という可能性は十分にあり得るかもしれませんね。

 ただ、川内氏の行動は、87歳という年齢を割り引いて考えるべきかと思われます。
 ご親戚や知人の方にそのぐらいの年齢の方がおいでになるとわかりますけど、かくしゃくとしている人もいれば、そうでない方もおいでになります。
 かくしゃく組の方でも、一部分だけ子供という方もおいでになります。
 
 彼は昔の彼ならず。川内先生には失礼だけど、数々の名曲の作者と今の彼は違う人物と考えるほうがいいのかもしれません。
森進一は嫌い
2007年03月11日 00:15
なぜ、こうも森進一に好意的な意見があるのでしょうか?
この件は、川内氏に何の断りも入れず、紅白で歌ったのは森進一であり、悪いのは森です。
法を犯してるのは森です。

私は森進一には以前から不信感があります。
川内氏と森進一の間にどんなやりとりがあったのか皆さんはご存知なのでしょうか?
それを知らないで、怒ってる方の非難されてるようですが、こういう場合は怒らせた方にいつでも問題があると思います。
kimutaku2000
2007年03月11日 07:17
一般の人が感動するものは、川内が書いた者だけではなく、現在の歌詞が受け入れられていることをみれば、自分の物だけを全てとはいえない、森も一芸術家とすれば改訂があってよいのでは、容認出来ないくだらん芸術家でしかない。
森進一は嫌い様<素町人
2007年03月11日 09:42
コメントをありがとうございます。

 素町人(弊ブログの管理人)は、別に森進一贔屓というわけではありません。正直言ってご両人ともよく知りません。
 「川内先生が、マスコミに乗るような行動を取ったのは、愚かなことだった」と申し上げたいだけです。

 マスコミは、面白おかしく彼の実像とは違う姿で伝えます。その結果、悪者や卑怯者に見えてしまうこともあります。
 彼に理のある問題ならば、裁判などを通じてマスコミには伝えないうちに話をつけてしまうこともできたと思われます。
 芸能人である森進一がマスコミにサービスしなければならないのはわかります。彼らは共生関係にありますから。
 でも、まったき芸能人とは言えない作詞家の先生がマスコミの利用を試みたとすれば、失敗だったと言えるでしょう。
kimutaku2000様<素町人
2007年03月11日 09:59
コメントをありがとうございます。

 改変後の歌が受け入れられているなら、そちらも認めたら、というのは、面白い意見ですね。法的にどうなのかは素人なのでわかりませんが、人情としては理解できます。
(^^;)
かわいそう
2007年03月13日 14:16
川内が悪い。森さんは悪くない。川内が謝るべき。
かわいそう様<素町人
2007年03月13日 15:47
コメントをありがとうございます。
 
 それぞれのファンの方がこれだけ注目し、応援してくれるんですから、森進一氏も川内康範氏も幸せですね。
(^^;)

この記事へのトラックバック