アメリカの女性は服を脱ぐよりも着るほうがお好き?

画像

問題:「セックスと洋服、どちらを選ぶ? 米女性にアンケート」(CNN.co.jp 070215)
http://www.cnn.co.jp/fringe/CNN200702110001.html
●欧州の食品・日用品大手にユニリーバという会社があります。「ラーマ」というマーガリンや紅茶のリプトンなどを傘下におさめている巨大企業らしい。この会社がこのほど、全米10都市で18 歳から54 歳までの女性約1000人を対象に調査をしたそうです。そのラーマ、失礼、テーマは「セックスと洋服とどちらが大事」というものだそうです。この会社、よほど予算が余っているのでしょうか。
●では、その調査結果からのクイズです。次のうち正しい記述はどれでしょうか?
□[い]「1カ月間セックスなしで過ごすのと、一番好きな洋服を失うのと、どちらが嫌か?」という質問には約80%の女性が「洋服を失う方が嫌」と回答した
□[ろ]「『お気に入りの服の愛用期間』と『今までいちばん長くつき合った男性の愛用期間』ではどちらが長い」という質問では、服の平均愛用期間のほうが1年長かった
□[は]「クローゼットいっぱいの新しい洋服を手に入れるために、セックスを何カ月やめられる?」という質問では、平均受忍禁欲期間は1年3ヶ月という回答だった
□[に]「洋服に対する一目惚れを信ずる」という回答は7割。「男性に対する一目惚れを信じる」という回答は半分以下だった
□[ほ]「あなたに自信を与え、セクシーな気分にさせてくれるのはどちら?」という質問では「男性より洋服の方が頼れる」という回答が全体の半分以上を占めた
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:[ろ]と「は」が正しい
説明:●[い]「1カ月間セックスなしで過ごすのと、一番好きな洋服を失うのと、どちらが嫌か?」という質問には約80%の女性が「洋服を失う方が嫌」と回答した(×)
正しくは「61%の女性が『洋服を失う方が嫌』と答えた」です。8割には至らぬものの、半分以上の女性が肌の触れ合いよりも服を失いたくないと考えているようです。
●「『お気に入りの服の愛用期間』と『今までいちばん長くつき合った男性の愛用期間』ではどちらが長い?」という質問では、服の平均愛用期間のほうが1年長かった(○)
お気に入りの服の愛用期間は平均で12年半。男性の愛用期間は11年半とのこと。どちらも意外に長いような気がしますけど。
●[は]「クローゼットいっぱいの新しい洋服を手に入れるために、セックスを何カ月やめられる?」という質問では、平均受忍禁欲期間は1年3ヶ月という回答だった(○)
わずか2%ほどですが「3年」という長い回答もあった由。この話題をしていたら、「あたしなんか1年もしなければ、あとは忘れる」と大胆なことをおっしゃる淡泊な日本女性がいました。なんと反応していいかわからず、座には天使が飛んでいました。
●[に]「洋服に対する一目惚れを信ずる」という回答は7割。「男性に対する一目惚れを信じる」という回答は半分以下だった(×)
正しくは「男性に対する…」という回答は54%だった」です。一目惚れで相性のいい洋服を見つける確率のほうが高いということらしい。
●[ほ]「あなたに自信を与え、セクシーな気分にさせてくれるのはどちら?」という質問では「男性より洋服の方が頼れる」という回答が全体の半分以上を占めた(×)
正しくは「『男性より洋服の方が…』という回答が全体の48%を占めた」です。
○アメリカの男性は形無し(かたなし)です。でも日本においてもおそらく事情はそう変わらないのかもしれません。
○この調査結果を読んでいて、ダイエットする女性の心理について触れた文章を思い出しました。多くの男性は少しポッチャリしているぐらいがいいと言います。でも、女性は針金を目指します。一般にダイエットの目的は男性を釣り上げることではないとのこと。ダイエットの成功者としての自分を鏡の中に発見することだそうです。釣り針にもならぬぐらいの細い針金になりたがる女性たち。そして服を脱ぐよりも着るほうが好きというアメリカの女性たち。みんな自分が大好きです。悪いことではないでしょうが、少し度が過ぎているような気もしますけどねぇ。(^^;)

ぬけられます→無分野雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック