「緑化運動」とは緑のペンキで山肌を塗ること?

画像

問題:「雲南省:ペンキ塗って『山を緑化』に非難・失笑・落胆(サーチナ)」(MSN Mainichi Interactive 070213)
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/news/20070213org00m030057000c.html
●中国に雲南省という場所があります。南の端、ラオスやミャンマーと国境を接しています。地図で見る限り、標高の高い地域のようです。
●この地方の林業局が、ペンキを使って山の岩肌数千平方メートルを「緑化」していたことが明らかになったそうです。石の採掘場の跡地だそうです。たしかに遠くからみると緑色に見えるらしい。あまりの馬鹿馬鹿しい出来事に、中国の人も落胆するやら、失笑するやら。なぜこんなことが起こったのでしょうね。
●今回の珍事に関する問題です。次のうち正しい記述はどれでしょうか?
□[い]ペンキ塗りには延べ1万人が動員された
□[ろ]あたりにある落葉樹も緑色に塗った
□[は]新華社通信によれば「漫才のネタとおなじ」だそうである
□[に]あたりには放置されたペンキの空き缶がころがっている
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:[ろ]と[は]、[に]が正しい
説明:●[い]ペンキ塗りには延べ1万人が動員された(×)
正しくは「延べ200人以上が動員された」です。約10人の作業員が20日以上かけたとのこと。でもそれではそんなに広い範囲を塗れるとは思えないのですが。林業局は何がしたかったのでしょうか。
●[ろ]あたりにある落葉樹も緑色に塗った(○)
冬ですから、落葉樹は葉っぱを落としています。そんな木にまで緑色のペンキをマメに塗りたくったらしい。
○アメリカ人はゴルフ番組を中継する際に、より鮮やかな色にするため、芝生に水溶性のペンキを噴霧する場合があると聞きます。池には水色に見えるよう塗料を流し込む場合があるとのこと。アメフトの試合場の芝にペンキで絵を描いてしまうのもアメリカ人です。自然物に塗料を使うことをはばからないという点において共通ですね。それにしても、中国の林業局は何がしたかったのでしょうか。
●[は]新華社通信によれば「漫才のネタとおなじ」だそうである(○)
中国に漫才があるというのは初めて知りました。やはりボケとツッコミで成り立っているのでしょうか。漫才のネタに「ペンキで緑化」というのがあるらしい。「事実は漫才と同様に奇なり」になってしまったようです。それにしても、林業局は何がしたかったのでしょうか。
●[に]あたりには放置されたペンキの空き缶がころがっている(○)
記事によればそういうことになります。重ねて不思議です。林業局は何がしたかったのでしょうか。中央の偉いさんの視察でも予定されていたのでしょうか。とにもかくにも理解不能、不思議なニュースでした。

ぬけられます→世間雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック