町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 知らないと恥ずかしい漢検2級ぐらいの問題。「煩わしい」は「いかがわしい」?             

<<   作成日時 : 2007/01/23 07:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

問題:知らないと恥をかくことのある漢検2級程度の問題です。次のうち正しいのはどれでしょうか?
□[い]「煩わしい」は「いかがわしい」と読む
□[ろ]「倣う」は「あげつらう」と読む
□[は]「陥る」は「おちる」と読む
□[に]「委嘱」は「いしょく」と読む
□[ほ]「てんがいこどく」は「天外孤独」と書く
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:[に]「『委嘱』は『いしょく』と読む」だけが正しい
説明:●[い]「煩わしい」は「いかがわしい」と読む(×)
正しくは「わずらわしい」と読みます。「あまり親しくない人だけど義理があるから招待を断れない。煩わしい話だ」などと使います。ちなみに「いかがわしい」は「如何わしい」と書きます。「疑わしい」とか「下品だ」といった意味ですね。なぜか「いかがわしい」ものにはドキドキさせられることがあります。
●[ろ]「倣う」は「あげつらう」と読む(×)
正しくは「ならう」と読みます。「模倣」などの熟語を作ります。「あげつらう」は「論う」と書きます。「物事の是非、可否を論じ立てる」という意味だそうです。
●[は]「陥る」は「おちる」と読む(×)
正しくは「おちいる」ですね。「陥穽(かんせい、おとしあな)」、「陥落」といった熟語を作ります。「字源」という漢和辞典を調べると、「おちる」は「落、堕、墜、零、隕」などの漢字があります。でも、「陥」には「おちる」という読みはありません。
●[に]「「委嘱」は「いしょく」と読む(○)
「委」は「ゆだねる」、「嘱」は「たのむ、いいつける」といった意味だそうです。あわせて「人に仕事をまかせる」意味になります。「税制調査会の委員として委嘱された某氏だが、公務員宿舎に愛人と棲んでいたことを咎められ辞職した」などと使います。「嘱託社員」などという熟語も作りますね。
●[ほ]「てんがいこどく」は「天外孤独」と書く(×)
正しくは「天涯孤独」ですね。「涯」は「かぎり」とか「はて」という意味だそうです。「天涯」は「天のはてまで」という意味です。「生涯」は「生きているかぎり」の意味ですね。なお「天外」は「宇宙の外から」の意味です。「奇想は天外より来たる」と言います。「奇想天外」は、「日常を外れたほかの場所からやってきた不思議な考え」の意味だそうです。
◆参考:書籍「2008年版2級漢字検定問題と解説」新星出版社
◇辞書「字源」簡野道明、角川書店

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
知らないと恥ずかしい漢検2級ぐらいの問題。「煩わしい」は「いかがわしい」?              町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる