町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢検準一級ぐらいの難題です。「股肱」は「こかく」と読むの?

<<   作成日時 : 2007/01/19 07:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

問題:漢検準一級ぐらいのかなりむずかしい問題です。次のうち正しいのはどれでしょうか?
□[い]「股肱」は「こかく」と読む
□[ろ]「一瞥」は「いちべつ」と読む
□[は]「硲」は「はざま」と読む
□[に]「艶めかしい」は「つやめかしい」と読む
□[ほ]「舷」は「ふなべり」と読む
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:[ろ]と[は]、[ほ]が正しい
説明:●[い]「股肱」は「こかく」と読む(×)
正しくは「ここう」です。「股」は「もも」、「肱」は「ひじ」です。主(あるじ)の手足となって働く家来のことを「股肱」と呼びます。「股肱の臣」などと使います。「股肱の友」とは書けません。
●[ろ]「一瞥」は「いちべつ」と読む(○)
「瞥」は「見る、ちらりと見る」という意味がある漢字だそうです。「美女を紹介されたのに一瞥もしなかった」などと使います。眼福(がんぷく)ですから、美女はなるべくジロジロ見たほうがいいと思いますが。
●[は]「硲」は「はざま」と読む(○)
「合否の硲にさまざまなドラマがある」などと使います。なお、「狭間」も「間」も「はざま」と読みます。「痒い〜の」、「いくつになっても甘えん坊」と笑わせる人は「間寛平(はざまかんぺい)」です。本名は「間重美(はざましげみ)」だそうです。当たり前ですけど、本名は普通の名前ですね。
●[に]「艶めかしい」は「つやめかしい」と読む(×)
正しくは「なまめかしい」です。ちかごろの女優で言えば誰でしょうか。思いつきません。「綺麗」とか「可愛い」のは勢揃いですが、「艶めかしい」部門は人材不足かな。
●[ほ]「舷」は「ふなべり」と読む(○)
「ふなばた」とも読みます。上から見たとき、船の輪郭にあたる部分、とくに舳(へさき)や艫(とも)を除いた腹の部分を舷と呼ぶようです。
◆参考:書籍「本試験型 漢字検定準1級試験問題集08年版」成美堂出版編集部編、成美堂出版
◇辞書「字源」簡野道明、角川書店

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
漢検準一級/漢検準一級
漢検準一級について悩みを解決するには、まずは漢検準一級についての正しい知識が必要です。そこで、漢検準一級についての情報を集めました! 漢検準一級について調べて、漢検準一級に関する悩みを解消しましょう! 以下のサイトが役立つでしょう。 漢検準一級 ... ...続きを見る
お悩み解消ネット
2007/01/29 14:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
漢検準一級ぐらいの難題です。「股肱」は「こかく」と読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる