町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢検一級ぐらいの難題です。「書肆」は「しょりつ」と読むの?

<<   作成日時 : 2007/01/09 07:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

問題:漢検一級ぐらいのかなりむずかしい問題です。次のうち正しいのはどれでしょうか?
□[い]「書肆」は「しょりつ」と読む
□[ろ]「薊」は「むぐら」と読む
□[は]「衙門」は「ごもん」と読む
□[に]「済す」は「なす」と読む
□[ほ]「釉薬」は「うわぐすり」と読む
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:[に]と[ほ]が正しい
説明:[い]「書肆」は「しょりつ」と読む(×)
正しくは「しょし」と読みます。本を作る会社や、売る店のことを指します。出版社、書店ですね。「肆」はそもそもは「つらなる」という意味があるそうです。そこから「品物がつらなる店」という意味が出たらしい。
●[ろ]「薊」は「むぐら」と読む(×)
正しくは「あざみ」と読みます。赤や紫のトゲトゲした花と葉が特徴の多年草です。年配の方なら「♪あざみの歌」という楽曲を記憶しているかも。なお、「むぐら」は「葎」と書きます。一年草だそうです。百人一首には「八重むぐら しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり」という坊さん(恵慶法師)の歌があるそうです。
●[は]「衙門」は「ごもん」と読む(×)
正しくは「がもん」と読みます。お役所、官庁のことだそうです。「衙」は「役所」の意味があるとのこと。「官衙(かんが)」という熟語も役所のことを指すそうです。「衙」は近衛兵のことも指します。「衙衙」は兵隊が進む様子をあらわす言葉だそうです。「ぎょぎょ」と読みます。ホントです。
●[に]「済す」は「なす」と読む(○)
「済す」は、「借りた金品を返す」という意味だそうです。「返済する」という熟語でも使われる漢字ですね。「借(か)る時の地蔵顔済す時の閻魔顔」という慣用句があります。他人から金を借りるときは笑みを浮かべていますが、返すときには渋い顔をするといった意味です。
●[ほ]「釉薬」は「うわぐすり」と読む(○)
「ゆうやく」とも読みます。「なんでも鑑定団」でよく聞く言葉ですね。窯に入れる前に陶磁器の表面にかけます。光沢や色、模様を出す薬品だそうです。「釉」の一文字でも「うわぐすり」と読むそうです。
◆参考:書籍「本試験型 漢字検定1級試験問題集08年版」成美堂出版編集部編、成美堂出版
◇辞書「字源」簡野道明、角川書店

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
漢検一級ぐらいの難題です。「書肆」は「しょりつ」と読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる