町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 語源の問題です。「ドスのきいた声」の「ドス」は「脅す(おどす)」から?

<<   作成日時 : 2006/12/26 10:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

問題:慣用句の意味と語源の問題です。次のうち正しい記述はどれでしょうか?
□[い]「ドスのきいた声」という場合の「ドス」は「脅す」から来ている
□[ろ]「居丈高(いたけだか)」は座高が高く馬上で立派に見えることである
□[は]「眉唾もの」は眉に唾をつけると眠気がさめるところから出た言葉である
□[に]「尻切れトンボ」は尻尾の切れたトンボの死に様から生まれた
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:[い]と[に]が正しい
説明:●[い]「ドスのきいた声」という場合の「ドス」は「脅す」から来ている(○)
参考資料によれば、「ドス」は「脅す」から来ているそうです。「ドスのきいた声」は、債権回収用の体力勝負の方々がよく使います。一般に低くて濁っており、大きめの声です。ボーイソプラノのような声では「脅し」がききません。
○任侠映画で「ドスをのむ」といえば、懐中に短刀を忍ばせているという意味です。武器をチラリと見せて脅すところから来ているのかな。
●[ろ]「居丈高(いたけだか)」は座高が高く馬上で立派に見えることである(○)
居丈高のそもそもの意味は「座ったときの背丈を高く見せようとする」という意味だそうです。日本では、偉い人は座ったまま相手と向かい合います。天皇は大極殿(だいごくでん)の玉座に座って人と面会したとのこと。相手を威圧するには、胸をそらして尊大な様子を見せる必要があるらしい。威圧的な態度をとることを居丈高というのは、ここから来ているようです。猫背では居丈高になれないのかな。
●[は]「眉唾もの」は眉に唾をつけると眠気がさめるところから出た言葉である(×)
「眉唾もの」は、俵藤太(たわらとうた)という平安時代の豪傑が大ムカデを退治したという伝説から生まれたそうです。大ムカデは火を吐いて攻撃してくるので、俵藤太の眉が焦げそうになります。俵藤太が眉に唾をつけたところ、相手の姿がよく見え、矢で射殺すことができたとか。この話は、現代の我々が聞いても、ちょっと「眉唾もの」で怪しいですよね。当時の人もそう思ったのでしょうか。俵藤太以降、「信じがたい話、荒唐無稽な話」が「眉唾もの」と表現されるようになったそうです。
○江戸時代には、狐や狸にだまされないようにするには眉に唾をつければいいという言い伝えがあったと聞きます。でも、狐や狸は人をだましません。人をだますのは、むしろ不合理な言い伝えのほうなのかな。
●[に]「尻切れトンボ」は尻尾の切れたトンボの死に様から生まれた(○)
トンボにはトカゲほどの生命力がないらしい。尻尾が切れると飛べなくなり、もちろん再生もせずに死んでしまうそうです。昔の人はそれを知っていたのでしょう。「お前はなんでも尻切れトンボだ」と、中途半端な形で事を終わらそうとする子供を叱ったりします。子供は、トンボの悲しい死に様を思い浮かべて反省するわけですね。
○ところで、極楽とんぼのあの人はいまごろどうしているのでしょうか。トンボではなくなったのですから、トカゲのようにしぶとく人生をやり直してほしいものです。
◆参考:書籍「続 常識として知っておきたい日本語」柴田武著、幻冬舎

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
語源の問題です。「ドスのきいた声」の「ドス」は「脅す(おどす)」から? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる