死亡記事に捏造写真を掲載された米国の人気俳優とは誰?

画像

問題:●新聞社の捏造記事のお話です。日本の新聞もでっちあげはときどきやらかすようですが、米国の新聞にもなかなか凄いのがあります。
●昔、ある人気俳優が若くして亡くなったとき、その死に顔写真をでっちあげられてしまいました。この人気俳優は誰でしょうか?
□ルドルフ・ヴァレンティノ
□エミール・ヤニングス
□ワーナー・バクスター
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:ルドルフ・ヴァレンティノ
説明:●無声映画の人気俳優、ヴァレンティーノは、同時代のセックス・シンボルとして絶大な人気を誇っていたそうです。大正15年(1926)8月23日、胃潰瘍の手術後の経過が悪く、ニューヨークの病院で亡くなります。31歳の若さでした。ファンは大騒ぎです。後追い自殺する人も現われたと言われています。ジェームス・ディーンや赤城圭一郎(けいいちろう)が亡くなった時みたいな感じでしょうかね。
●このとき、「イブニング・グラフィック」というタブロイド紙の社長は、いちはやく遺体安置所にカメラマンを派遣します。狙いはヴァレンティーノではありません。彼が納められる予定の棺です。その中に男を寝かせ、カメラマンが撮影します。
●男はヴァレンティーノのそっくりさんではありません。現像が終わったフィルムに、ヴァレンティーノの顔写真を重ねて焼き付け、合成写真を作ったんですね。
●「イブニング・グラフィック」は、この捏造スクープ写真がうけて、一晩中印刷機を動かし続けなければならなかったという話です。
◆参考:書籍「騙しの天才 世界贋作物語」桐生操著・NTT出版

ぬけられます→無分野雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック