頓知で解く問題。「巨人復活の鍵は1番2番にある」と言っているのは誰なの?

画像

問題:●今年も巨人は弱かったですね。スタートこそ悪くなかったものの、途中で中折れ。最後はBクラスに尻を落ち着けました。
●巨人復活の鍵は、「1番と2番」のコンビだと指摘する専門家もいます。脇谷と鈴木に託されているのかな。
●では、頓知で解く問題です。すでに100年以上も前から巨人復活は「1番と2番」だと主張している人がいます。どんな職業の人でしょうか?
□音楽家
□建築家
□外交官
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























正解:音楽家
説明:●明治21年(1888)、グスタフ・マーラーという作曲家が交響曲第1番「巨人」を発表しました。明治29年(1896)に同氏は交響曲第2番「復活」を発表しています。ハハハ。それだけのことなんですけどね。
●マーラー氏は、万延元年(1860)に生まれ、明治44年(1911)に亡くなった作曲家、指揮者です。「私はどこに行っても歓迎されない。『オーストリアにおけるボヘミア人』、『ドイツにおけるオーストリア人』、そして『世界におけるユダヤ人』だから」と語ったそうです。ずいぶんひがみっぽい言い方です。人物が歓迎されたかどうかはよく知りませんが、作品のほうは21世紀になっても人気が高いようです。
●話は巨人に戻りますが、来年の好成績を望むなら巨人はちゃんとリストラをしなければなりません。信賞必罰です。高い年俸で働かない選手はどんどんクビにしてください。
●その金で、若手を育ててください。若手をどんどん試合に出しましょう。オシムじゃありませんが、リスクを犯さずにいい結果は得られません。卵を割らずにオムレツはできない。ん? これは関係ないか。
◆参考:HP「グスタフ・マーラー – Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC

ぬけられます→無分野雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック