風速40mの「磁気嵐」が吹き荒れると何が起るのか?

画像

問題:●「磁気嵐」についての記述で正しいのはどれでしょうか?
□オーロラ観光は、磁気嵐に影響される。磁気嵐が来ると見られなくなるからだ
□太陽の表面で爆発が起こると磁気嵐が起こる
□あまりに強い磁気嵐だと、コンピュータの記録装置に狂いが生ずる
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)




























正解:太陽の表面で爆発が起こると磁気嵐が起こる
説明:●nikkeibp.jpの説明によれば、「磁気嵐とは『太陽フレア』と呼ばれる太陽表面の爆発現象に伴ってプラズマが噴出し、それが地球に到達することで地磁気をかく乱する現象である」とあります。
●オーロラにも影響があるそうです。磁気嵐が起こると、むしろオーロラがよく見えるらしい。日本国内でもオーロラが見られる例があるようです。ただし「何年ぶり」というような頻度のようですね。あてにして北海道を訪れるよりは、もう少しお金を出し、もう少し高緯度の場所で観測するほうが確度は高いでしょう。
●磁気の乱れが生ずると通信関係には影響が出るようです。でも、コンピュータの磁気記録装置に影響が出るほどではありません。そんなに強い乱れがあったら、世界は大混乱ですね。人類は記憶の半分を失うかもしれません。ちょっと大げさかな。
●ちなみに、見出しの「風速40mの磁気嵐」というのは、石原裕次郎の映画「嵐を呼ぶ男」、「風速40米」にかけたつもりでした。お若い方にはまるで意味が通じないでしょうね。失礼しました。
◆参考:HP「オーロラと磁気嵐の科学」http://www8.ocn.ne.jp/~yohsuke/mag_storm.htm
◇HP「- nikkeibp.jp - 過去記事」
http://bizns.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/search/wcs-bun.cgi?ID=274217&FORM=biztechnews

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック