「支度(したく)」という言葉の語源はどこにあるの?

画像

問題:●語源の問題です。
●「支度」という言葉があります。「旅支度」、「身支度」などの熟語もありますね。この「支度」の語源について正しい記述は次のどれでしょうか?
□ 「支」も「度」も「はかる」という意味
□ 「支度」はそもそもは仏教の用語。「そろえる」という意味がある
□ 「支度」はそもそもは軍隊の用語。「集める」という意味がある
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)





























正解:「支」も「度」も「はかる」という意味
説明:●「支」には、「ささえる」とか「わかれる」といった意味の他に「はかる」、「勘定する」といった意味もあるそうです。
●「支給する」の「支」は「わりあててはかりあたえる」ことだと、漢和辞典の「字源」は言っています。
●「度」にも「はかる」の意味があります。「1度ならず2度までも」の「度」です。「分度器」の「度」でもあります。「度量衡」の「度」でもあります。「ドーナッツ」の「度」ではありません。
●なにごとも準備をはじめるときは、勘定したり計ったり、計算したりが必要ということらしい。
●話は脇道にそれます。「準備」で思い出しましたが、ちかごろ「準備万端です」という言い方を耳にします。「準備万端」は「あらゆる準備」の意味しかありません。「準備万端」が「整っています」、あるいは「怠りありません」と続けてはじめて意味が通じると思うのですが。
◆参考:書籍「暮らしのことば 語源辞典」講談社
◇辞書「字源」簡野道明、角川書店

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

佐織
2008年05月31日 19:50
”支度”は古代中国唐朝の軍職名です。毎年、軍隊消費した食糧、武器などを中央の”度支使”に申告する職です。
佐織様<素町人
2008年06月01日 09:05
コメントをありがとうございます。
m(_ _)m

 唐時代の軍隊における職名なのですか。知りませんでした。面白いですね。
(^^;)

 もう少し調べてみたいと思います。ご多忙中のところ恐縮ですが、どんな資料に記されているのか、ご教示いただければ幸いです。
m(_ _)m

この記事へのトラックバック