我那覇(がなは)選手はセレッソ大阪を地獄に送ったの?

画像

問題:「我那覇、後半ロスタイムに決勝弾…アジア杯最終予選」(YOMIURI ON LINE 060906)
http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/news/20060906i414.htm?from=main4
●昨日の試合は変な試合でした。負ける気はしません。でも、試合が進むにつれ、勝てるのかなという不安は、徐々に募ります。いよいよロスタイム。こりゃ、勝ち点1でも仕方がないか。諦めかけたとき、坪井でしょうか、ゴール前に浮き球を放り込みます。競り勝った巻がゴール前に流し込み、走り込んだ我那覇が倒れ込みながら右足で合わせてゴール。なんとか勝ち点3を奪いました。
●オシム氏も指摘していたように、ピッチは最悪です。グラウンダーのパスが不規則にポンポン跳ねます。でも、イエメンの選手にとっても条件は同じ。言い訳にはなりません。イエメンは中東なのに石油が出ない。最貧国の1つなんだそうです。サッカーのピッチに金をかけられないのかも。あまり責めることはできません。
●今回の試合は、我那覇選手が救世主でした。では、ここで我那覇選手についてのクイズです。我那覇選手についての記述で正しいのは次のどれでしょうか?
□最近、ポルシェからBMWへと愛車を買い換えた
□28歳になろうとしているが花の独身。フロンターレで一番もてる
□平成12年(2000)の「長居の悲劇」では1ゴール1アシストを決め、セレッソ大阪のファンを嘆かせた
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























正解:平成12年(2000)の「長居の悲劇」では1ゴール1アシストを決め、セレッソ大阪のファンを嘆かせた
説明:●平成12年(2000)の5月27日。セレッソファンに長く語り継がれる「長居の悲劇」が起きました。前節まで1stステージ首位のセレッソは最下位のフロンターレ川崎と最終節で当たります。当時は2ステージ制だったんですね。
●2位の横浜マリノスとは勝ち点差が2。総得点ではセレッソがだいぶ上回っていました。セレッソは引き分けでも優勝という優位な立場です。
●後半早々、先制点を奪ったのがフロンターレの我那覇選手です。セレッソの西沢選手がすぐに同点ゴールを決めます。延長戦に入り、我那覇選手のクロスに浦田選手が反応しVゴール。当時はVゴール方式だったんですね。
●結局、ジェフに勝ったマリノスに勝ち点差1で優勝をさらわれてしまいます。ちなみにこの試合の観客は4万3000人だったとのこと。スゲッ。
●なお、川崎フロンターレのHPによれば、我那覇選手はもうじき26歳です。結婚して子供もいます。愛車はベンツとのことでした。
◆参考:HP「KAWASAKI FRONTALE :: 選手・スタッフ」
http://www.frontale.co.jp/profiles/2006/mem_09.html

ぬけられます→スポーツ/芸能雑学クイズ一覧

この記事へのコメント

スポーツ瓦版様<素町人
2006年09月07日 18:38
TBに感謝。
こちらもTBさせていただきました。m(_ _)m

この記事へのトラックバック

  • アジア杯イエメンに勝ち中東遠征1勝1敗

    Excerpt: アジア杯の中東遠征イエメン戦が行われ日本1対0で勝利して 中東遠征1勝1敗だが1勝1分か2分と思ってたので良いか 前半イエメンが引きで守り日本は得点を奪えず0対0で終了 後半も得点が入ら.. Weblog: スポーツ瓦版 racked: 2006-09-07 14:37
  • id-591592-a

    Excerpt: Blog Records:<a href="http://www.aaa-a.com">id-591592-a</a>Comments... Weblog: id-591592-a racked: 2006-10-30 01:28