東京にある浅草寺の山号は「日乃下開山」というの?

画像

問題:●浅草の観音様は、浅草寺(せんそうじ)です。お寺さんには、たいてい「山号」という名前がついています。「比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)」、「成田山新勝寺(なりたさんしんしょうじ)」の「比叡山」「成田山」の部分ですね。では、浅草寺の山号は次のどれでしょうか?
□金龍山
□東叡山
□日乃下開山
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)




























正解:金龍山
説明:●お寺さんにはたいてい山号というのがあります。浅草寺の場合は「金龍山(きんりゅうざん)」です。近所の中華料理屋の名前に似ているな。
●「東叡山(とうえいざん)」は上野寛永寺(かんえいじ)の山号です。日乃下開山(ひのしたかいざん/かいさん)は、天下無双の強豪のことです。お相撲や武芸者について使われます。横綱のことも言いますね。
●昔、仏教のお寺は山に建てるものでした。お寺を作ることを開山というのは山を開くからだそうです。人里離れた場所で修行するわけですね。
●平地の坊さん、とくに賑やかな町中の坊さんは修行の妨げが多いでしょうね。それどころか、悪場所に入りびたったりしています。落語「居残佐平次」、「品川心中」などで有名な品川は、江戸時代には宿場女郎の多い町でした。この町の風俗産業を支えていたのは、池上本門寺を始めとする僧侶たちだったと、落語の枕で聞いたことがあります。
●ちなみに池上本門寺の山号は、「長栄山(ちょうえいざん)」というそうです。
◆参考: CD「立川談志ひとり会落語CD全集 第七集『山号寺号』」COCF-13701、コロムビア

ぬけられます→無分野雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック