【18禁、大人の話題です】どんな性生活が離婚理由になるの?

画像

問題:「夫との「夜の営み」ない生活に妻怒り、警察に通報」(CNN.co.jp 060809)
http://www.cnn.co.jp/fringe/CNN200608040029.html
●ドイツにアーヘンという町があるらしい。そこの地元警察はこの3日に、「ある女性が電話を掛けてきて、夜の営みが数ヶ月ないからと助けを求めてきた」と発表したようです。
●ある夜、妻が夫を起こし、性愛の義務を果たすように求めたらしい。要求は退けられ、口論が起き、女性は思いあまって警察に仲介を求めたとのこと。
●女性は44歳、男性は45歳らしい。結婚生活の期間は、記事には書かれていませんでした。
●もちろん、警察はこの種の問題に介入しません。さきざき問題が起こるかもしれないので、いちおう事情を聞き、報告書は作成したとのこと。ご苦労さまでした。
●犬も食わない夫婦喧嘩です。でも深刻な問題を含んでいます。ドイツも日本も、夫婦は互いに性交の権利と義務があるらしい。頻繁な性交拒否は離婚理由にもなります。ドイツのご夫婦は、警察ではなく、弁護士に相談するほうが良かったのかもしれません。
●日本でも、もちろん性生活の問題は離婚理由になります。では、実際に離婚理由として判決文に書かれたことがあるのは、次のどの事例でしょうか?
□セックスの際、妻に靴を履くように強要した
□セックスの際、他人の名前を連呼した
□セックスの際、配偶者が漫画本を読んでいた
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)




























正解:セックスの際、妻に靴を履くように強要した
説明:●昭和35年(1960)の大阪地裁の判決に、こうした事例があったそうです。「初夜より、性交時の度ごとに布団の上で妻が靴を履くことを夫が強要し…」とあるらしい。
●半世紀近く前の裁判です。妻も野暮なら裁判官も野暮です。このご夫婦は、弁護士に相談する前に、謝国権(しゃこくけん)先生に相談すべきだったかも。
●他の選択肢は町人が勝手に作ったものです。裁判にまで至って離婚という例はないと思いますが、世の中広いから確言はできません。申し訳ない。
●他にも、同性愛者で、異性愛を求められても応じられない場合も離婚理由になっているそうです。病気で睾丸を切除し、性交不能になった夫も離婚されています。性交可能で生殖不能の場合は離婚理由にならないそうです。
●性文化は、どんどん変わっていきます。裁判所はそれについていけるのでしょうか。前例、判例大事の制度だけでは、民間の性意識に追いつくのは難しいかと思われますが。
●裁判官のセックスでは、配偶者が喜びの声をあげると、「静粛に」と警告するんだ…とは飲み屋の笑い話です。失礼。
◆参考:HP「夫婦性生活の義務と権利」
http://www.medical-tribune.co.jp/ss/2000-11-25/11ss2.htm

ぬけられます→無分野雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • kyle

    Excerpt: たまに来ますのでよろしくお願いします。 Weblog: kyle racked: 2006-09-11 05:23
  • id-594257-a

    Excerpt: Blog Records:<a href="http://www.aaa-a.com">id-594257-a</a>Comments... Weblog: id-594257-a racked: 2006-10-30 01:23
  • ba061dfcc03581fed20c

    Excerpt: ba061dfcc03581fed20c952266a2898d<a href=\"http://ba061dfcc035.info\">ba061dfcc035</a> Weblog: ba061dfcc03581fed20c952266a2898d racked: 2006-11-07 01:09