バブリーなお酒シャンパンは、マスカットで色づけするの?

画像

問題:●シャンパンはお好きでしょうか。最近は、安い製品も多く出回っているので入手しやすくなっています。ホントのシャンパンは5年ぐらいは寝かせておくものだとも聞きます。安い製品はまさかそんなには寝かせていないんでしょう。でも、まぁ、旨けりゃいいんですけどね。
●本日は、シャンパンの製造工程に関するクイズです。次の記述で正しいものはどれでしょうか?
□途中でリキュールを補充する
□部分的に凍らせる
□色づけにマスカット(ブドウの品種)の皮を使う
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)




























正解:途中でリキュールを補充する/部分的に凍らせる
説明:●シャンパンの原料は白ワインだそうです。白ワインに糖分と酵母を加えて二次発酵させるとのこと。ちなみに、一次発酵はブドウが白ワインに姿を変えるときのものです。
●二次発酵が終わったら、瓶を回しながら動かし、口を低くして瓶を寝かせます。オリ(不純物)が口付近に集まります。これを部分的に凍らせ、栓を抜くといいますね。ガスの圧力で、オリを含んだ氷が飛び出ます。
●足りなくなった部分にリキュールを補充するそうです。さらに古酒や他のワインを混ぜ込んだりするとのこと。このとき味が決まるらしい。さらに作業があって最後に栓をしっかり固定します。
●色づけをすることはなさそうですね。少なくとも製法を説明しているHPには書いてありませんでした。
●まぁ、どう作られているかなんて、素人にはどうでもいい話ではあります。旨けりゃそれでいい。それにしても、馬鹿みたいに高いシャンパンがありますよね。到来物で飲んだことがありますが、味の違いはまるでわかりませんでした。自腹を切って飲むとわかるのかな。
●そういえば、赤ワインから作られるシャンパンはあまり見ません。なぜかな。ピンクは見たことがありますね。シャンパンは飛び散りやすい。服やテーブル掛けに赤いシミができるから嫌われる。なんてね。そんな生活臭のする理由のはずはないか。
◆参考:HP「ワインの基礎知識」
http://www.winery.or.jp/howto/knowledge/brew_spw.html

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック