危ないマンションには、素人にもわかる共通点がある?

画像

問題:●姉歯建築士のインチキが暴かれるとともに、新築のマンションでも危ないのではないかという不安が広がっています。
●ところで、阪神大震災やそれ以前の地震におけるマンション倒壊の80%を占めると言われるある構造的な特徴があります。それはなんでしょうか?
□途中までは鉄骨、途中から鉄筋で強度を維持している建物
□1階が駐車場の建物
□内廊下式の建物
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)




























正解:1階が駐車場の建物
説明:●建物の構造自体に問題があるのか。あるいはこうした建物を注文する建て主は商売気が多く、ついつい余分な予算を削りがちなのか。理由はわからないそうです。
●でも、現実としては、阪神大震災においてもいちばん目立ったのは1階が駐車場、あるいは商店の建物とのこと。多くの建物では、壁の少ない入り口付近の柱1本が膝を折るように崩れ、連鎖するように他の柱に波及して建物が崩壊したと見られているそうです。
●逆に、倒壊していない建物にも共通する特徴があるらしい。1階部分にコンクリートの壁が多い建物だそうです。コンクリートの壁は、柱とともに建物の重量を支える要素になるらしい。柱だけの場合に比べ、あいだにコンクリートの壁があると2倍の重量に耐えられるそうです。地震のときには、建物のゆがみを防ぐらしい。
●地震に強いマンションかどうかを見分けるのは素人にはなかなか難しそうです。まぁ、ちゃんとした企業が設計図を作り、構造計算を行ない、その図面に従って手抜きせずに工事をしていれば、大丈夫と考えるしかないですよね。
●「ちゃんとした企業」というのは必ずしも大手建設会社ではないそうです。中堅企業のほうが真剣に取り組んでいる事例も多いとのこと。「ちゃんとした企業」を素人が見分ける方法として、専門家は次の5点をあげていました。
(1) モデルルームが現地にある(そういえば、ヒューザーは丸の内にモデルルームを設けていたと聞きますね)
(2) 完成途中でも購入予定の部屋を見学させてくれる
(3) 設計図書(仕様書、設計図、構造計算書)が設置され、自由に閲覧できる
(4) 現場内が充分に整頓されている
(5) 現場責任者が直接建物の概要を説明してくれる
●少なくとも現場に10回は足を運んで、いろいろな情報を仕入れて判断しろと、参考にした資料には書いてありました。大きな買い物ではありますが、購入の事前準備もまた大きな負担ではありますね。
◆参考:書籍「危ないマンションを見抜く方法」染谷英人著、雄鶏社

ぬけられます→無分野雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 新築マンション 納得のファーストステップ

    Excerpt: 新築マンション購入の流れを押える 頭金もたまったし、いよいよ具体的に新築マンション探しを!というときに、いきなり新聞の折込広告で見つけた新築マンションのモデルルームに行く前に。ちょっとお待ちください.. Weblog: 新築 マンション racked: 2006-09-07 22:23
  • id-596122-a

    Excerpt: Blog Records:<a href="http://www.aaa-a.com">id-596122-a</a>Comments... Weblog: id-596122-a racked: 2006-10-30 01:37