大和言葉で酒を意味するのは「くし」、それとも「かんざし」?

画像

問題:●大和言葉で「酒」を意味する言葉は次のうちどれでしょうか?
□くし
□かんざし
□こうがい
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)





























正解:くし
説明:●大和言葉で酒を表すものとしては、「みき」が多く使われているとのこと。今でも神様にお供えする酒は「御神酒」(おみき)ですよね。かつてのアイドル・グループ、キャンディーズの向かって左の人は、ミキちゃんです。ちょっと古いか。
●六代目圓生が昭和天皇の御前で演じた落語は「御神酒徳利(おみきどっくり)」というおめでたい話だったらしい。
●「くし」は「奇(く)し」。「くすり」の古語と同じらしい。「これを飲むと気持がやわらぐ。明るくなる」ので「薬だ」と考えたのだとか。
●世界一長寿だった泉重千代氏は黒糖焼酎を薄めてしばしば飲んでいたと言われます。さすが「百薬の長」です。
●酒には「ササ」という呼び方もあります。中国で酒のことを「竹葉」と呼ぶらしい。銀座の鰻屋じゃありません。竹葉から女房詞(にょうぼうことば。宮廷女官の方言)として「ササ」が生まれたという説があります。
●「ササ」も、落語に時々出てくる言葉です。「宿屋仇(やどやがたき)」という話には、三人連れが旅の宿のつれづれに雑談をする場面があります。中の一人は、武家の奥方に「そなたささは食べぬかえ」と言われて、「竹の子なら食いますけど…」と答えた失敗話をしています。「酒をたしなむか」の意味だったそうです。
◆参考:HP「菊水 お酒の豆知識」
http://www.kikusui-sake.com/home/life2_3_03.html
◇CD「圓生百席8『おみき徳利』」SRCL 3815、ソニー・ミュージックエンターテイメント
◇CD「特選!! 米朝落語全集11『宿屋仇』」24分~24分10秒、TOCZ5075、東芝EMI
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック