人類学界でもガセネタ? インドネシアで見つかった原人の骨は現代人か?

画像

問題:●近年、インドネシア東部フロレス島で見つかった新種の人類の骨は、約1万8000年前の化石と言われています。成人女性のもので身長は1メートル以下だったそうです。
●では、脳みそのサイズは現代人と比べてどうだったでしょうか?
□1/4ぐらい
□1/3ぐらい
□1/2ぐらい
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)




























正解:1/3ぐらい
説明:●インドネシアのフロレス島で見つかった1万8000年ぐらい前の人類の骨は、脳の容積が現代人の3分の1ぐらいだったそうです。身長も低い。で、猿人に分類されるかと思いきや、発掘調査では火や道具を利用していたことが判明。特殊な進化をたどった原人という分類で一階級昇進したらしい。ちなみに彼女は、ホモ・フロレシエンシスという呼び名がついたそうです。
●ところが、つい最近、インドネシアの研究グループが、「化石は新種ではなく、現代人ホモサピエンスだ」という見方を示したそうです。インドネシアのコンパス紙という新聞が伝えているらしい。どうも、「発掘場所近くを調べた結果、体形が極めて小さい人ばかりが住む村がある」らしい。
●例の骨が発掘された場所から約1km離れた集落77戸を調べてみたようです。生活環境の影響か、ここの人たちは小型化しているらしい。77戸では、男性は身長145cm、女性は135cm以下の人が多いとのこと。要するに、見つかった骨は、猿人だとか原人だとかではなく、れっきとした現代人の祖先なのかもしれないという話になってきました。
●それにしても、脳みその容積が1/3ぐらいの現代人っているんでしょうか。どうも素人には謎だらけです。専門家のあいだでも、議論が続く模様とのことでした。
◆参考:HP「高知新聞(060408);FLASH24:社会・科学」(『小型人類』今も生存 フロレス島の化石で研究者)
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=KCH&PG=STORY&NGID=soci&NWID=2005042801005445

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック