川柳の大偉人「呉陵軒可有」先生の名前。どんな意味?

画像

問題:●川柳の古典的句集に俳風柳多留(はいふうやなぎだる)があります。
●この編者の1人でもある川柳作家「呉陵軒可有」の名前には、どんな意味があるでしょうか?
□よろしくお取り計らいを
□料亭で会いましょう
□堪忍して下さい
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)





























正解:「よろしくお取り計らいを」あるいは「堪忍して下さい」
説明:●俳風柳多留の編者は呉陵軒可有(ごりょうけんかゆう)という人だそうです。初篇の前書きに彼の名前があるとのこと。選者は柄井川柳(からいせんりゅう)、その他の犯行と見られています。
●「柄井川柳」は、「川柳」という名前の由来になったらしく、こちらは業界の大元締のような存在ですね。
●両者とも俳風柳多留の担当は初篇から二十数篇までのようです。なにしろ百六十を超える篇があるロングシリーズです。途中から選者も編者も交替が必要です。
●呉陵軒可有は「御了見可有」という慣用句をもじった名前とのこと。「堪忍して下さい」という意味、あるいは「よろしくお取り計らいを」という意味があるそうです。「宜しく御了見可有との御意(ぎょい)」(よろしく取り計らいを頼むとの殿様の意向)などと使います。
●川柳を楽しむ人が集まって句会を催します。それぞれ匿名で句を作ります。幹事が集めて、皆の前で一句ずつ読み上げます。参加者がそれに点をつけます。高得点だった句の作者には、賞品が出たりしたらしい。
●呉陵軒可有氏は、いつも賞品をさらってしまう人だったとか。「な~んだ、またあんたかね」という軽い羨望と嫉妬の声に、「ご了見、ご了見」と答えていたところから、この名前がついたと言われます。
●もちろん筆名です。本人がどんな人だったのか、諸説あってはっきりしません。神主説、武士説、大店の隠居説などが認められるそうです。今のところ謎の多い人物です。亡くなった年は天明8年(1788)。江戸の中期から後期にかけて生きた人のようです。
●ご了見さんの川柳。「二人とも 帯をしやれと 大屋いひ」 。若いご夫婦なんでしょうか。昼日中、大家さんが訪ねてみるとそんなことになっていたようです。
●そんなネタばかりではありません。「はねの有 いひわけ程は あひるとぶ」。ちょっと一茶っぽいですかね。辞世の句は、「雲晴れて 誠の空や 蝉の声」。なるほど、そこはかとない明るさ、楽しさ、軽さが伝わりますね。
◆参考:HP「呉陵軒可有」
http://www32.ocn.ne.jp/~senryu/goryouken.html

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック