町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 大富豪岩崎弥太郎の娘と結婚した男は、どんな人生をたどったか?

<<   作成日時 : 2006/03/31 09:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

画像

問題:●加藤高明(かとうたかあき)という人物がいます。日本国首相をつとめたこともあります。では、加藤高明が首相をつとめたのは、どの時代でしょうか?
□明治
□大正
□昭和
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)




























正解:大正
説明:●加藤高明氏は、万延元年(1860)に愛知に生まれています。亡くなったのは大正15年(1926)です。
●唐突ではありますが、万延元年は桜田門外の変が起こり、哲学者ショーペンハウエルが亡くなった年です。大江健三郎氏には「万延元年のフットボール」という小説があります。題名も意味不明ですが、内容も町人レベルでは意味不明です。時間の無駄でした。
●話を戻しましょう。加藤高明氏のお父さんは名古屋藩士だったとか。東大法学部を首席で卒業。三菱に入社。岩崎弥太郎の長女と結婚します。
●新興大財閥の長女との縁談。ゴールデン・ボーイって奴ですね。男版玉の輿です。つまり金玉の輿。…失礼しました。
●以後、官界に身を転じ、第4次伊藤内閣の外相をつとめます。転職先でも華々しいですね。義父一族の後押しがあるからかしらん。第1次西園寺内閣外相、第3次桂太郎内閣、第2次大隈内閣の外相を歴任。大正13年に護憲3派内閣の首相に就任します。
●大正14年(1925)に普通選挙法、治安維持法などを成立させます。業績を残した立派な人なんですね。
●男子の普通選挙は、日本では大正年代にすでに成立していました。我々には、いまだに普通選挙が実施されていないアジアの未開国…中華人民共和国や北朝鮮の人民に「ちゃんとした」普通選挙の意義を伝える義務があるかもしれません。
◆参考:HP「近代日本人の肖像 加藤高明」http://www.ndl.go.jp/portrait/datas/54.html?c=4

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
元ニートはどうやって大金をつかんだのか?その方法を知りたい人は他にいませんか?
信じられませんよね。でも、クリックしたら、僕が言っていることが、本当だと確信するでしょう!疑っている人は、クリックしないでください。あなたの夢を実現したい人だけ、ここをクリックしてください ...続きを見る
まずは小さな努力の積み重ねでガンバ!
2006/11/14 12:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
万延元年のフットボール、全く同感です。飼育や死者の奢りは読みにくいなりに面白かったけどねえ。
それにしても、普通選挙はいいとしても、治安維持法を制定した人物なんですか。共産党の宿敵ですね(笑)。
dashi
URL
2006/03/31 16:37
コメントをありがとうございます。
 昔の我が国は、共産主義者を弾圧し、今の中国は共産主義者が弾圧する。
 漢詩風の対句ができました。 (^^;)
dashi様<素町人
2006/04/01 07:17
加藤高明は、愛知県初の首相。大正デモクラシーの時代に短期だけど、首相でした。

旧制愛知一中出身。

民主の河村たかしは、後輩にあたります。

似ていたりして…
sadakun_d
2006/04/03 09:23
万延元年のフットボール

大江が、ノーベル賞受賞のきっかけとなった作品。
「個人的な体験」のさらに、観念性を追及した小説。

引き込まれるようにして、高校時代、読んだ
sadakun_d
2006/04/03 09:27
コメントと情報をありがとうございます。

「万延元年のフットボール」についていろいろな感想があるようですね。 (^^;)
sadakun_d様<素町人
2006/04/03 11:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大富豪岩崎弥太郎の娘と結婚した男は、どんな人生をたどったか? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる