地下水の温度が年中変わらなくなる深さはどのぐらい?

画像

問題:●ある深さより深い場所からくみ上げる地下水は、一年を通じて温度が変わりません。それはどのぐらいの深度でしょうか?
□4~5m
□12~14m
□20~25m
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)





























正解:12~14m:
説明:●地下には恒温層と呼ばれる部分があります。12~14mを超えた部分です。このぐらいの深さだと一年を通じて温度が変わりません。この深さまで掘れば、夏は冷たく感じ、冬は暖かく感ずる井戸水が得られます。
●どーでもいい発想ですけど、地下12~14mを越えたところに地下住居を設ければ、温度に関する心配がなくなりますね。エアコン不要です。冷暖房がいらないから「熱費」が安い。「光費」は高いけど、「光熱費」全体としては安いかも。
●しかも地震には強くなる可能性があります。活断層にまたがって住居があると、どうなるかわかりません。でも一般に言えば、地表の家のほうが、地下よりも揺れるそうです。
●泥棒にも強くなるでしょう。窓の焼き切りなんて手口は使えません。
●建設費は高いでしょう。でも、なかなか壊れない。内装を変えて行くだけで十世代ぐらい住めるかもしれない。シェルターの代わりにもなりそうです。温暖化のことを考えると、地下住居もけっこういい案かもしれませんね。
◆参考:HP「温泉の科学1-1」
http://www.asahi-net.or.jp/~UE3T-CB/bbs/special/sience_of_hotspring/sience_of_hotspring_1-1.htm

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

この記事へのコメント

2006年02月09日 10:42
ピンと来ませんが、12mというとかなりの深さの穴ですよね。深い井戸の底に住むって、、、地震になったら埋まってしまいそう。湿気もそうとうありそう。電波の受信や日光浴は想定外? 地表に出るのはエレベーター? 故障したり停電したら怖いですね~。
現実的なことしか考えられないロマンのないdashiでした。
素町人
2006年02月09日 11:26
dashi様、いつもコメントをありがとうございます。
 地表に出るのは、非常階段とエレベータでどうでしょうか。
 専門家じゃないので、まったくあてになりませんが、地震に対しては、地下のほうが揺れが少なく、安全を保ちやすいという話を聞きます。
 湿気は、わがボロマンションのほうがはるかに高く、年がら年中サッシの窓枠についた水滴をふき取らねばなりません。築15年もたつのに。
 地上にはサンルームを平屋で建てたらどうでしょうか。電波の受信は、ケーブルで代用できます。
 なかなか現実的(?)な話かとおもいますけど。(^^;)

この記事へのトラックバック

  • id-595295-a

    Excerpt: Blog Records:<a href="http://www.aaa-a.com">id-595295-a</a>Comments... Weblog: id-595295-a racked: 2006-10-30 01:34