バターの作り方を記述した書物は、いつごろからあったの?

画像

問題:●バターの製法を書いた書物は、いつごろからあったでしょうか?
□紀元前2千年
□紀元前1千年
□西暦1年
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)




























正解:紀元前2千年
説明:●紀元前2千年ごろのインドの教典にバターづくりの方法が書かれているそうです。
●取扱説明書(マニュアル、実用書)の歴史を調べたことがあります。そのときは、ヒッタイトという人たちの言葉で書かれた馬の調教マニュアルがいちばん古いのではないかという話までは得られました。
●ヒッタイトは紀元前3千年ごろから存在し、紀元前17世紀から紀元前12世紀にかけて繁栄した人たちです。はじめ青銅器、のちに鉄器を使って周辺の民族をおびやかしました。紀元前1600年ごろには、メソポタミアのバビロニアを滅亡させています。おそらく馬の調教マニュアルはそのころのものかと推測されています。
●インドにはもっと古い取扱説明書があった可能性があるらしい。「バターの作り方」とは町人にとっては意外でした。
●ところで、バターは遊牧民族には食用として好まれました。でもローマ帝国では野蛮人の食べ物として軽視されました。いまでもイタリア料理ではオリーブ油が中心でバターを余り使わないそうですね。そのころの気分が残っているとのことです。
●まぁオリーブ油のほうが、健康には良さそうです。ローマ貴族のように運動不足気味の人たちがバターなんかばくばく食べていたら、肝臓のフォアグラ化は目に見えていますよね。
◆参考:HP「裏辺研究所/雑学万歳/第110回 バター&マーガリンの歴史と作り方」
http://www.uraken.net/zatsugaku/zatsugaku_110.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Louis C.

    Excerpt: Train up a fig tree in the way it should go, and when you are old sit under the shade of it. Weblog: Louis C. racked: 2006-08-18 03:51
  • ttxomha

    Excerpt: bwcfymc deqxnkj htepjft bgvyekw dnpmbiu Weblog: ttxomha racked: 2006-09-08 15:21