宮崎勤散る。ところで、かつて法医学の神様と呼ばれた権威は誰だ?

画像

問題:「宮崎被告、死刑確定へ 幼女連続誘拐殺人」(Sankei Web 060117)
http://www.sankei.co.jp/news/evening/18iti002.htm
●連続女児誘拐殺人事件の宮崎勤被告の死刑が確定したらしい。なんかホッとします。
●できれば彼の内臓など役に立つ部分は、移植に役立てたいところです。日本の社会は、彼に対して大きな貸しがあります。有無を言わさず五臓六腑をえぐり出す…というわけにはいかないんでしょうけどね。
●今回の最高裁判決で注目されたのは、精神鑑定の結果でした。刑事責任能力を問えるかどうか。宮崎被告については何回か精神鑑定が行なわれ、大きく異なる3通りの結論がでているそうです。
●「精神鑑定」という作業は、果たして科学に基づいたものなのかどうか。客観性があるのか。素人には不思議でなりません。
●ところで、かつては「血液鑑定」が裁判においてさまざまな問題を提起してきました。現在では「DNA鑑定」で精度が高まり、ほとんど問題にはなりませんけど。
●国鉄総裁が礫死体で見つかった下山事件。弘前大教授夫人殺しや財田川事件、松山事件など、戦後の数々の難事件でも血液鑑定が話題になりました。
●この鑑定を一手に引き受けていたのが、当時の権威である著名な東大教授です。では、彼の名前は何というでしょぅか?
□ 明智教授
□ 金田一教授
□ 古畑教授
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)






























正解:古畑教授
説明:●若い方は、古畑といえば「任三郎」かと思われるでしょう。でも、年配の方には、「種基(たねもと)」となるかもしれません。
●古畑種基氏。明治24年(1891)に生まれ、昭和50年(1975)に亡くなっています。法医学、血清学の権威です。晩年は、警察庁科学警察研究所長もつとめました。よく知りませんけど、「科捜研」というのも、古畑先生の息がかかっているのかな。
●彼ら先人の努力のおかげで、悪い奴が高笑いする確率は少しずつ減っているのでしょう。
●それにしても、「精神鑑定」には困ったものです。同じ人物について複数の異なる鑑定結果が出るのなら、裁判で採用するのは間違いじゃないのかな。素人には、どうしてそんな不確かな技術をたよりにするのか、わかりません。
◆参考:HP「古畑種基」
http://www6.plala.or.jp/guti/cemetery/PERSON/H/huruhata_t.html

追記:宮崎勤が連続殺人に手を染めたのが昭和63年(1988年)。18年目の決着であり、判決確定だそうです。曾我兄弟が親の仇、工藤祐経(すけつね)を富士の巻き狩りで討ち取るまでに18年かかったと言われます。さぞ大変だったろうと鎌倉時代以降の人がみんな同情する有名な仇討ち苦労話と、殺人事件の刑の確定までがおなじ長さなんですね。わが国の裁判は異常なのかな。
追記2:平成20年(2008年)6月17日に宮崎勤の刑は執行されたとのこと。

ぬけられます→世間雑学クイズ一覧

この記事へのコメント

2006年01月18日 14:07
やっと(?)クロスする記事があったので、TBさせてもらいました。誰かさんみたいに怒らないで下さい(マジ)。
古畑鑑定というのは聖域って感じじゃないでしょうか、科学の進歩は日進月歩で、もう古めかしいものになっているでしょうけどね。
DNA鑑定ではほんの少しの試料でかなりのことがわかるらしいですが、費用と時間がかかるのがネックのようですね。これもそのうち解決するでしょう。
宮崎勤、死刑判決で納得しました。
2006年01月18日 14:08
コメントありがとうございます。
仰るとおり「部品取り」は有効な活用法だと思いますが、貰うほうは変な気分でしょうね。
もちろん、誰のものかは分からないようにするのでしょうが…。
新薬の人体実験や、解剖の実習用に使ったほうが無難なのかも知れません。
素町人
2006年01月18日 14:52
dashi様、いつもコメントをありがとうございます。TBに感謝します。
「誰かさんみたいに…」町人は、助平TBさえ切るのに躊躇するぐらいです。まともな記事へのTBにツノを出すことはあり得ません。つながりが多少薄くてもまるで気にしません。どうぞ遠慮無くTBして下さい。
m(_ _)m
 発想には、さまざまな「異なるもの」に同時に触れることが大切だそうです。
 それゆえに、裁判の記事に芸能人の別れ話がTBされていても構わないし、国際問題の記事にグルメレポートがTBされていてもいいはずです。ましてやテーマが同じなら、反対論でもなんでも構いません。弊サイトに関してはそういう方針です。どうぞよろしくお願いします。
素町人
2006年01月18日 15:03
ヒロシです様、コメントをありがとうございます。
 人権派の人たちには叱られそうですが、町人もヒロシです様の意見に賛成ですね。臓器提供がダメなら、人体実験ぐらいには供すべきじゃないかと思います。
諷太朗
2006年01月18日 16:49
私のような、しがないサイトにご訪問ありがとうございました。
見て頂いたように、世間をかなり斜めにしか見られない男です。
その様な男でも、この事件の取り扱いに対しては、犯人だけでなく法曹界に対しても強い憤りを覚えます。
で、「ヒロシです」さんのコメント「新薬の人体実験や、解剖の実習用…」に1票!!
素町人
2006年01月19日 14:41
諷太朗様、コメントをありがとうございます。
「しがないサイト」とはご謙遜を。それにしても「しがない」というのは心に響く言葉ですね。ちかごろあまり使われないようですが。
「ヒロシです」様のご提案には、最低3票は入るようです。
(^^;)
2006年01月19日 16:57
たいへん僭越ではございますが、こういうニュースもありますのでご参考に。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051209-00000128-kyodo-int

それから、残念ですがTBは出来ないようです。うちのPCがMacでIEだからかと思ってsafariからもやってみましたが、ダメでした。
あつかましいけどここにコピペさせて下さい。だってあまりに残念で。
http://blog.goo.ne.jp/kimuraminori/e/2c3a1e553c34ba5ece1ea64907f507e1
非公開
2006年04月18日 14:48
もてていたのではないでしょうか。
そして彼をひがんでいる人はいなかったのでしょうか。格好を見ていても最近のドラマをおもわすようにもみえます。韓国ドラマみたいで素敵な見た目。ビデオ押収されたのはこの事件でしたっけ?もしそうならそのビデオの内容を知りたいです。そしてなぜここまでテレビで大きくとりあげられ、殺人にまでいたる環境にいたのかを知りたいです。
00000000
2006年04月18日 14:53
科学を証明することが一番だと思います。実際に犯罪行動を引き起こさせた当事者たちが何もなく、犯罪を犯したものだけの責任なのでしょうか?確かに犯罪をする事は間違っています。だからと言って周りが宮崎被告の時間を奪ったり自由を奪うような事はなかったのでしょうか?
非公開
2006年04月18日 15:01
犯罪を犯す時は大抵「なめてる」とか「ひがんでる」事が多い気がします。何かを守ろうとするキレイな心の人間が大きく取り上げられ犯罪を犯すまでに至らないといけないのでしょうか?確かに自分は何も知り合いなわけでもありません。でも、あまりにも科学の力を利用しすぎていると思います。科学の当事者を明らかにすることを拒否しているのは実際に科学の力を利用しているからという方も多そうです。そこまでして何かを回避しなければいけない理由がありますか?よく考えて見てください。次々に明らかにしていけばどこから何が起こっているのかは明らかになってくるはずです。
非公開様、00000000様<素町人
2006年04月19日 08:48
コメントをありがとうございます。
 
血液鑑定
2006年05月18日 03:22
古畑教授の血液鑑定を元にした事件って殆ど冤罪じゃなかった?
冤罪事件のWEBページ見てると「例によって古畑」やら「ここでも古畑」の文字が躍ってま~す。
血液鑑定様<素町人
2006年05月18日 08:35
コメントをありがとうございます。
 戦後しばらくは、古畑氏が斯界の権威。他の人は逆らえなかったのかもしれません。
 非常に多くの事件を手がけた。だから、間違いも自然と多くなったのでしょう。
 もし古畑氏が他の筋からの依頼や圧力で誤った結論を出していたとすれば、大きな問題です。
 彼が科学者としての良心を持って誤った結論を導いたとすれば、それは単なるミスです。科学捜査の進歩の歴史での小さな逸話というだけでしょう。
 とはいっても、当時冤罪で被害を被った人にとっては、冗談じゃすまされない話ではありますが。

この記事へのトラックバック

  • 宮崎勤の犯行声明

    Excerpt: 宮崎勤 被告による犯行声明文 昨日死刑が言い渡された宮崎勤被告による犯行声明文を Weblog: アラスカ猫蔵日記 racked: 2006-01-18 12:53
  • 宮崎勤被告の死刑判決は教訓を残しただろうか

    Excerpt: きょうはニュースが目白押しの日です。 その第二弾でありますが 最高裁はきょう 東京と埼玉で起きた連続幼女誘拐殺人事件で 宮崎勤被告に対し死刑判決を言い渡し これで死刑が確定することになりまし.. Weblog: 新「とっつあん通信」 racked: 2006-01-18 13:18
  • 宮崎勤

    Excerpt: あの宮崎の死刑判決が確定した。 まあ当然だろう。あれだけの事件を起こしたんだから・・・ ただ、あれ以降も子供が犠牲になる事件がなくならないのはなぜだろう。 むしろ、だんだん猟奇的になって.. Weblog: SolarSoda-soberness racked: 2006-01-20 01:54
  • 宮崎被告、死刑確定

    Excerpt: 最高裁上告棄却 完全責任能力認める  埼玉県と東京都で昭和六十三年から平成元年にかけて四人の幼女が犠牲になった「幼女連続誘拐殺人事件」で、誘拐や殺人などの罪に問われた宮崎勤被告(43)の上告審判.. Weblog: ブログLOVE racked: 2006-01-22 13:54
  • 宮崎勤被告の死刑確定

    Excerpt: 宮崎被告の死刑確定へ 最高裁が上告棄却 東京都と埼玉県で1988―89年、幼い女の子4人が相次いで連れ去られ殺された 幼女連続誘拐殺人事件で誘拐、殺人、死体損壊など6つの罪に問われた元印刷業 手.. Weblog: 今話題の情報を集めています。 racked: 2006-01-29 05:31
  • 宮崎勤被告の死刑確定

    Excerpt: 宮崎被告の死刑確定へ 最高裁が上告棄却 東京都と埼玉県で1988―89年、幼い女の子4人が相次いで連れ去られ殺された 幼女連続誘拐殺人事件で誘拐、殺人、死体損壊など6つの罪に問われた元印刷業 手.. Weblog: 今話題の情報を集めています。 racked: 2006-01-29 05:32
  • ●DNA鑑定が必要になったら●

    Excerpt: その子の本当の父親は誰であるのかは、子供の一生に関わってくる重要な問題です。DNA鑑定はそんな問題を解決するための最良の方法です。たとえまだ妊娠中であっても、子供のDNAサンプルとして羊水や絨毛膜を使.. Weblog: 浮気調査◆探偵ファイル◆不倫かも…? racked: 2006-10-08 03:09
  • 帝銀事件勃発。12人を殺したのはホントに平沢貞道なの?

    Excerpt: ●●●●●★歴史★● 問題:昭和23年(1948)の今日、1月26日。東京都豊島区の帝国銀行椎名町支店で12人が殺害されるという殺人事件が起きました。厚生省技官を名乗る男が、伝染病予防のためと称して.. Weblog: 町人思案橋・クイズ集 racked: 2009-09-02 17:18
  • 「乱心」の上での犯罪。江戸時代にはどう裁かれたの?

    Excerpt: ●●●●●★歴史★● 問題:時代劇でときどき「乱心」という言葉を耳にします。お殿様がご乱心。血走った目の権力者が段平(だんびら、刀)を振り回している図が連想されます。周囲の者は危なくて近寄れないでし.. Weblog: 町人思案橋・クイズ集 racked: 2017-03-15 07:03