「いっこくな男」というときの「いっこく」の意味はなに?

画像

問題:●「いっこく」という言葉の意味はなんでしょうか?
□頑固
□短気
□不良
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)





























正解:「頑固」と「短気」
説明:●(1)頑固で人の意見などを聞き入れないこと(2)せっかちなこと…とインターネットの大辞林には出ています。
●落語を聞いていると、ときどき聞かれる言葉です。少し古い人が使うのでしょうか。「ワシもいっこくな男だが、そなたもいっこくよのぉ、ファファファ」。家老なんかがいったりします。「いってつ=一徹」とも通じる意味ですね。星家のオヤジさんも、そんな意味で命名されているんですよね。
●腹話術の「いっこく堂」の名前と、関係があるのか、気になります。彼のHPを調べてみました。「一石」は本名だそうです。でも、「頑固者」という意味があるのかどうか。よくわかりませんでした。
●「わがまま」という意味もあるらしい。「千金の 嫁いっこくを ぬかす也」なんていう川柳があるとか。「千金の嫁」は、亭主と嫁の力関係をあらわしているんでしょうかね。
◆参考:辞書「日本国語大辞典」小学館

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

一刻
2006年01月12日 15:35
小学唱歌の歌詞より「村の鍛冶屋」(2番)

あるじは名高き一刻おやじ
早起き早寝の病知らず
鉄より固きと誇れる腕に
勝りて堅きは彼がこころ
素町人
2006年01月12日 18:34
一刻様、コメント、情報をありがとうございます。
 歌詞の場合の「いっこく」は、「頑固」「短気」以外にも、「時間厳守」「律儀」という意味合いもあるのでしょうか?
一刻
2006年01月12日 20:45
この歌の場合、あくまで頑固一徹なおやじさんという意味だと理解しています。

あくまで小学校の唱歌だから、「いっこく」は歌詞では漢字は使われていなかったかも知れません。歌を思い出しながら書きました。

なお、この歌は後に国民学校になって、文語調から口語体に代わり、この部分は、「おやじは自慢の働き者よ」と変わっており、「いっこく」は消えました。ご参考まで。
素町人
2006年01月13日 11:43
一刻様、コメント、情報をたびたびありがとうございます。
「この部分は、『おやじは自慢の働き者よ』と変わっており、『いっこく』は消えました」…なるほど。小生は戦後の小学校でしたが、「おやじは自慢の働き者よ」という歌詞には、かすかに覚えがあります。
 国民学校は戦争が始まるころに制度が変わって誕生したと聞きます。この前後に、「いっこく」という言葉が徐々に世間から忘れられていったのかもしれません。
 「頑固」という言葉は現代でも生き残っています。「いっこく」はなぜほぼ使われなくなってしまったのか。言葉の生命力、寿命は、素人には不思議な謎であります。(^^;)

この記事へのトラックバック