「艫作」は「へなし」(青森県の地名)。では「大垈」はなんと読む?

画像
問題:難読地名の問題です。「大垈」はなんとよむでしょうか?
□ おおぬた
□ おおぶた
□ だいこく
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)




























正解:おおぬた
説明:「ぬた」は沼田の略のようですね。大きな沼があったのでしょう。
●それにしても「垈」が難しい。地元の方以外にはなかなか読みにくい地名です。
●野菜や魚肉の細切りを酢みそであえる「ぬた」は、沼との直接の関係はないようです。ちょっと沼っぽいドロドロ感はありますが。
●話は脇道にそれますが、「ぬたの鉢(はち)の高名」という諺があるそうです。手前味噌のことです。自分で自分の作っぬた料理を自慢するところから生まれたらしい。
●なお、「大垈」は山梨県の南巨摩郡にあるそうです。
◆参考:辞書「日本国語大辞典」小学館

ぬけられます→無分野雑学クイズ一覧

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 理解

    Excerpt: Weblog: とり合えずこれを。。。 racked: 2005-12-16 11:03