町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 相も変わらぬ天下り天国。いっそ「天上がり制度」にしたら?

<<   作成日時 : 2005/12/27 09:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 9

画像

問題:「国家公務員天下り、公益法人へは438人」(YOMIURI ON LINE 051226)
●国家公務員で、課長・企画官担当職以上というのは、どのぐらい偉いのでしょうか。まぁ、ヒラではないことはわかりますが。
●昨年8月からの1年間に退職した「課長〜以上」の人は1200人余りいたそうです。政府は、彼らの再就職先を調べて発表しました。
●いわゆる天下り先としては、公益法人がいちばん多かったとのこと。
●ところで、次の人物と天下り先のうち、「間違った組み合わせ」はどれでしょうか?
□ 湯浅利夫前宮内庁長官→財団法人自治総合センター会長
□ 竹内行夫外務省前次官→社団法人日本経団連特別顧問
□ 岩村敬国土交通省前次官→財団法人日本船舶振興協会会長
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)




























正解:「岩村敬国土交通省前次官→財団法人日本船舶振興協会会長」が間違っている
説明:●岩村氏は、正しくは「港湾近代化促進協議会会長に天下った」とのことです。まっ、たいしてかわらないか。
●国家公務員の天下りは、国家の効率的運営という面で見ても、モラルの面でも、たいへんかんばしくない悪習です。
●町人の立場もわきまえず、国家百年の大計としてここに新たな提案をさせていただきます。題して「天上がり制度」の提案です。
●官から半官、あるいは民へ天下れば、当然ながら人間関係を利用した利益の確保が生じます。これはいけません。そこでまず、天下りは全面禁止とします。
●そのかわり、定年は70歳とする。それ以前に辞めても構いませんが、仕事をして収入を得てはいけません。
●70歳を越えたら、退職して年金だけで生活してください。他の法人に勤務してはなりません。自営業、文筆業もダメです。職務上知り得た情報や人脈を利用して得た情報を商売に利用する可能性があるからです。意見を発表したい場合は、インターネットその他の媒体で、完全に無償で発表してください。そもそも意見というものは売買の対象にすべきものではありませんよね。
●逆に、採用者の年齢を引き上げます。国家公務員は、35歳以上45歳までを採用します。それまでは民間で働きます。10年以上の純粋な民間企業での職務歴が、公務員試験の受験資格のひとつになります。
●民間企業で苦労しますから、民間人の気持ちが理解できます。世間を知った人間が国家に奉仕するわけです。
●現在は、失礼ながら、常識や人情、世情をわきまえぬ人物が高級官僚予備軍として採用されています。これは国家運営の上では失敗です。国民を数字としてしか把握できない愚かな役人を大量生産しています。
●民から官へと就職する「天上がり制度」は、日本国を役人天国から国民天国へと変換する素晴らしい効果があります。ぜひ検討していただきたい。でも、当の役人たちは猛反対するでしょう。天国から去るのは苦痛でしょうからね。

ぬけられます→政治/経済雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
減らぬ天下り!
コイズミンよ、この有り様や。郵政民営化に目を奪われてる最中、くそ連中が横行してまっせ。このクソ共をどないかせなあきまへん。 『公益法人に438人天下り 官僚の再 ...続きを見る
がんばれニッポン!
2005/12/27 13:35
注目!公益法人制度改革の概要公表
政府の改革案も大詰めの中、私が一番注目していた公益法人制度改革がテーブルに乗った。 12月26日、政府は各府省の課長、企画官クラス以上で、2005年8月15日までの1年間に退職した国家公務員1206人の再就職状況を公表した結果、財団法人、社団法人を合わせ.. ...続きを見る
One And Only
2005/12/27 19:52
注目!公益法人制度改革の概要公表
政府の改革案も大詰めの中、私が一番注目していた公益法人制度改革がテーブルに乗った。 12月26日、政府は各府省の課長、企画官クラス以上で、2005年8月15日までの1年間に退職した国家公務員1206人の再就職状況を公表した結果、財団法人、社団法人を合わせ.. ...続きを見る
One And Only
2005/12/27 19:55
256:検査機関へ天下りブッシュはいらない?大風邪
第256回 1)日本 構造計算偽造に関わった検査機関に国交省からの天下り社員がいるそうです。 ...続きを見る
今日の私感neo
2005/12/27 20:57
天下り、談合の東芝に、本紙記者怒る。
 な、なんですと! ...続きを見る
不潔新聞関西版
2005/12/28 20:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
書き込みありがとうでした。
ちょっと立ち寄りました。
腐ってますなあ、天下りクソ役人。
これごく一部です。
書けないことばかりで、どう書こうか悩んでいます...。
おもしろかったです。
では。
テツ
URL
2005/12/27 13:34
テツ様、コメントをありがとうございます。
 まっ町人の目の黒いうちにこの悪弊が無くなるとはかんがえにくいですね。でも、いつかはゼロにしないといけない悪習ではあります。
素町人
2005/12/27 13:42
できたてなのに、早速当サイト「ネットの力」コメント頂きありがとうございます。なるほど、面白いアイデアですね。こいつらが、国民を不幸にし財産を間接的に奪っている元凶です。町人さんの目の黒いうちに、ネットの力で国民が怒っていることを、はっきり解らせ、駆逐しましょう。
ネットフォース
URL
2005/12/27 17:16
早速立ち寄らせてもらいました
政治家や役人は当然と思ってるのでしょうが、天下りが談合や企業の
裏取引を助長させて工事額を無茶苦茶に引き上げてる
アメリカのように政権が変わったら一度官僚を総入れ替えしないと
相変わらず天下りは続くでしょう
政治献金も止めさせないと、献金額の大きい会社の為の政治になってる
ほんの1%にも満たない連中の為の政治なんだけど
国民がアホだからしょうがないか、票を入れてやるもんだから
図に乗ってます
k国
2005/12/27 17:19
ネットフォース様、k国様、コメントをありがとうございます。TBを下さった皆様に深謝します。
 いまの制度にいいところもあるのでしょうが、天下りだけはどうも疑問が多すぎます。なんとかしたいですね、生きてるうちに。 

素町人
2005/12/27 17:38
民間企業で汗水たらして働き、努力して得た会社から法人税として30%国に取られ、所得税を払い、省庁の職員を養っているの民間企業の私。
その省庁に勤めている役人が、偉くなり、退職した族が天下る公益法人。あげくの果てにその公益法人は非課税。
まったく税金泥棒としか言いようがないですよ。
省庁を定年退職したら、民間の為におとなしくしていて欲しいと私も思います。
それから、公益法人にメスを入れる事ができたのは、官僚、族議員、派閥の力が弱くなった為で、これは小泉首相の存在が強いからだと思っています。
下記のページに、全ての公益法人が載っています。
http://www.koeki-data.org/search01.asp
公益法人改革で導入する「公益認定法人」という制度も、事務局は民間人でなければダメですね。
TB・コメント、返させていただきました。
是非またお越し下さい♪
KNTY
URL
2005/12/27 20:38
いやあ、天下りってのはなかなか始末に負えないものですよね。
官僚を押さえるには長期政権でかなりのリーダーシップが要求されますから、現在の小泉首相くらいのが数代続かないと逆に潰されます。
長期的には兵糧攻めで公益法人への金の流れをストップさせるしかないんでしょう。そしてそのための郵政民営化でもあったわけで。
まあそれ以外ではプレッシャーの掛けられない「他業種」の「現場経験」を数年しないと天下れないなんてのを入れてじわじわと変えていくしかないでしょうね。では。
ITAL
URL
2005/12/27 21:43
KNTY様、コメントをありがとうございます。
 KNTY様は、年齢はおいくつぐらいの方でしょうか。「学校を出たのはだいぶ前」とのことですが。
 もし年齢制限に引っかからないのなら、天上がりしていただきたいですね。KNTY様のような意識の方が役人になる。それだけで、役所関係の問題は半分解決したようなものです。民の気持ちを忘れずに官となって活躍してもらう。どうです。天上がりはいいでしょう。自惚れもいい加減にしとかないと笑われるかな(^^;)
 またちょくちょくうかがいます。
素町人
2005/12/27 21:54
ITAL様、コメントをありがとうございます。
 「天下り」をした方には、特別に所得税率を倍にして差し上げるとかしてみると、少しは様子がかわりませんかね。
素町人
2005/12/28 12:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
相も変わらぬ天下り天国。いっそ「天上がり制度」にしたら? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる