たるんでいるのは架線だけ?


問題:「架線たるみ、山手線など最大5時間ストップ 午後再開」(asahi.com 051107)
●昨日は東京の電車関係は大騒ぎでした。朝の通勤時間を含めて5時間もストップするというのは、洒落になりません。約17万人に影響が出たそうです。
●パンタグラフに電気を供給する架線は、ピンと張っているものだそうです。そのため、500kgのおもりを両端につけて引っ張っているとのこと。今回は、おもりをぶら下げていた鉄の棒が折れていたらしい。
●ところで、今回の事故について正しい記述は次のどれでしょうか?
□ 架線の故障修理には送電停止をともなうので影響が大きくなった
□ たるんだ架線でパンタグラフが故障した車両が多く、影響が大きくなった
□ 他にも架線のたるみがないか全線検査していて影響が大きくなった
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)






























正解:架線の故障修理には送電停止をともなうので影響が大きくなった
説明:●電車の架線は送電線みたいなものです。電気を流したままで修繕はできません。影響が大きくなるわけですね。
●現場を通過し、パンタグラフがこわれた車両もいくつか見つかったそうです。でも、こちらは大事には至らなかったようです。
●ついこのあいだ、10月24日にも、湘南新宿ラインのブレーキ故障で、同ラインや横須賀線など60本が運休して5万5000人に影響が出ました。しっかりしてくれよ。たるんでいるのは、山手線の架線だけなのか、JR全体なのかと疑いたくなりますよね。

ぬけられます→世間雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック