女性の天皇陛下に反対ですか?



問題:「超党派議員懇談会、女系天皇容認反対の決議文を提出」(YOMIURI ON LINE 051117)
●平沼赳夫(たけお)議員といえば、野田聖子議員など選挙結果を見て郵政法案賛成に転向する議員が多いなか、一人我が道を往き、反対を貫いた人ですよね。この方が会長をつとめる超党派議員懇談会が、女系天皇容認に反対の決議案を官房長官に提出したんだそうです。
●では、この議員懇談会の名前はなんというでしょうか?
□ 日本の伝統を守る国会議員懇談会
□ 天皇制を考える国会議員懇談会
□ 日本会議国会議員懇談会
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)




























正解:日本会議国会議員懇談会
説明:この懇談会、そもそもは憲法見直しを懇談するための集まりだったようです。平成9年(1997)の5月に設立されています。初代会長は自民党の島村宜伸(よしのぶ)議員だったとのこと。
●現在の会長は平沼赳夫議員です。彼は、昨日朝のフジテレビ「報道2001」に出演し、女系天皇について持論を述べていました。
●よくわからない理屈でした。「万世一系」とか「DNA」、「染色体」、「X」、「Y」という言葉が飛び出してきました。
●町人が勝手に推測すると、「日本の天皇制は万世一系。天皇家は、生物学的にもサラブレッドだよ」とおっしゃりたかったのかな。男系はずっと続いているという話ですね。
●もし推測が当たっているならば、せっかくのご意見とはいえ、賛成しかねます。不敬を恐れずに申し上げます。天皇家も町人と同様に、閨房の問題は闇の中です。現代や近代はともかく、歴史をさかのぼれば、どこでどんな血がまじっているのかわからない。男系も女系もありゃしません。
●たしか、自分より年少の叔父を息子として認知させられた天皇もいました。その仕返しに、後になってその「血がつながっているかどうかわからん息子」をいじめ倒したと聞きます。
●いじめたのは74代目の鳥羽天皇。いじめられたのが落語でも知られる75代祟徳天皇と記憶します。祟徳院の実父は72代の白河天皇と言われています。白河さんは、自分の子である祟徳院を、孫である鳥羽天皇に、子として引き取るよう強要したらしい。複雑すぎてわかりにくい話ですけど。
●ともかく125代の流れはまっすぐな一本道ではなかった可能性がきわめて高いわけです。「万世一系」は概念としては理解しますが、DNAの問題としては考えない方がいいと思います。神話ではあっても科学ではありません。
●西洋でも、ルイ14世は13世の子ならずという説があります。13世の結婚から23年たって初めて出来た子だからでしょうね。実際の父親としてはリシュリューやマザランという当時の大物政治家が擬されています。
●14世が不義の子だろうがどうでもいい話です。ご存じのとおり、彼はブルボン王朝でいちばん輝く王となりました。
●町人としては、天皇陛下には日本の伝統、文化の守護神でいていただきたい。男女どちらであっても、職務を遂行しうる方なら、なんの異議もありません。極端な話、西洋人やアフリカ系の方の養子でもかまいません。血なんかどうでもいいんです。
●アンケートをとると、日本国民の80%が女性の天皇(女系の天皇?)に賛成しているそうです。これに弓を引くというのは平沼議員らしいですね。その点ではエライと思います。でも、その論拠は、少なくとも町人には理解不能であります。

ぬけられます→政治/経済雑学クイズ一覧

この記事へのコメント

素町人
2005年11月21日 08:32
 小山内翔龍のつれづれ夢日記様、TBをありがとうございました。
 天皇家のことは天皇家が決めるというのは、原則としては正しいことなのでしょう。でも、実際には、彼らは法によって一般国民とは別の制約をいろいろ受けてしまう人たちです。憲法や法律を変えることにより、受ける制約もかわる。これは、気の毒ではありますが、しかたのないことかと町人は考えます。
 もちろん、彼らの意見を聞き、理にかなったものなら、取り入れればいいでしょう。でも国民の意見と対立した場合は、国民優先にするしかありません。なんつったって、国民主権の世の中ですからね(同コメントを「小山内翔龍のつれづれ夢日記」様の記事にも貼付けました)
素町人
2005年11月21日 15:16
[★訂正★]「女系天皇容認論」に関するブログをあちこち拝見したところ、「血のつながり」について、ずいぶん熱心に論議されていました。
 町人とはあまりに意見に断層があります。元の書き方では、真意を理解していただきにくい可能性があると考え、途中で少し修正してしまいました。
 それにしても、多くの皆様がそんなに「血」にこだわっているとは知りませんでした。勉強になりました。意見自体は変わらないんですけど。
take
2006年01月29日 11:25
どうコメントしたものか、ずっと考えていたので書き込みが遅くなっていしました。
今でも言うべき言葉があまり浮かびませんが国民主権の民主主義体制下において君主制を共存させて維持する意義とか、国民主権の意味とか、憲法学・法学の基礎などを少し調べてみてはおもしろいかと思います。
素町人
2006年01月29日 11:49
take様、コメントをありがとうございます。ご忠告をありがとうございます。
 呆れ果てておられる様子がうかがえて、まことに申し訳なく思っています。
 m(_ _)m

この記事へのトラックバック

  • 「女性の天皇陛下に反対ですか?」について

    Excerpt: 「女性の天皇陛下に反対ですか?」について 天皇家の問題は天皇家で決めればよいことです。国家など第三者機関が干渉するのは人権侵害ではありませんか、 Weblog: 小山内翔龍のつれづれ夢日記 racked: 2005-11-21 07:43